任意整理とは

任意整理とは、債務者(お金を借りた人)に代わり、司法書士の先生などが、債権者(お金を貸した方)と借金の返済の方法や返済の金額について交渉をして支払いが滞りなくできるように今よりもよい条件での合意をさせる手続きになり、任意整理では裁判所は関与しません。
債務整理には個人再生や自己破産も含まれますが、すべての債務整理の手続きの中で、最もよく利用されるのがこの任意整理の手続きになります。

 

任意整理でできること

債務整理で意外と役立つのが任意整理ですが、これは実際に行うとなると信用情報に記載されることがあったり、元金の支払い義務は残ったりするため、中にはあまり好まない人もいます。それでも自己破産に比べると信用情報はかなり守られるので、債務整理の後のことも考えて任意整理ができるようにしましょう。意外と、法律事務所に自己破産をしに行った人が任意整理を行う例は多く、自己破産にはそれほどリスクが伴うのです。

 

自動車や自身の家があればそれらは没収されてしまうこともあり、家庭内の趣味の物やテレビ、ゲーム機なども差し押さえに合ってしまいます。債権業者が少しでも資金を回収しようとするので、その分保証人や機関保証で迷惑をかけてしまうこともあるのでかなり対策が必要です。それに対して任意整理では金利分のみをなくすだけで、元金の返済はするため、保証人や機関保証で困ってしまうこともなく、弁護士にそれらを全て依頼しておけば何か合ってもしっかり対応してもらえます。

 

任意整理は信用情報に記載される情報もそこまで重いものではなく、5年ほど新規の借り入れが難しくなるだけなので、元金の返済を3年から5年以内に終わらせられればそれだけで十分となります。少しリスクが大きくなるようにも思えますが、弁護士に任せるとリスクはかなり減らせて、任意整理後にクレジットカードの利用停止などがされないようにも工夫できるので安心です。それまでどおりお金を使う生活はしつつも借金の負担は軽減したい方は、やはり自己破産よりも任意整理のほうがよいでしょう。任意整理をすると人によっては過払い金返還請求も同時に行えることがあります。既に返済中頃で、過払い分が見つかれば、その過払い金の分は元金の返済に充てられるためかなり支払いは楽になります。しかし、業者が示す過払い金の金額と弁護士が計算する過払い金の金額が合わないこともあるため、自身でしっかりと計算しつつ、業者に騙されていないか確認することも重要です。業者によっては、過払い金の金額を偽って元金に充当し、ごまかそうとする場合もあります。1円単位で金額がずれても10万円や100万円という金額になるとかなり負担が大きくなるので、ちょっとした数字の差も見逃さないようにしましょう。大手の消費者金融でも任意整理でトラブルになることはあり、消費者金融を利用する時には、事前に過払い金や任意整理の対応に関しても口コミをチェックしておくとよいでしょう。

  • 2015/03/07 00:13:07