個人再生

任意整理に似たようなものとして個人再生という債務整理もあります。多くの法律事務所でサービスは提供されていますが、費用も30万円から60万円ほどかかるのであまり気にしていない人も多いでしょう。しかし、この個人再生は住宅ローンを支払っている殆どの人には関係する債務整理で、住宅ローンが支払えなくなった時にとても重要な制度です。

 

住宅ローンは毎月5万円から10万円という金額を継続して支払っていくことになりますが、契約者やその家族の不幸、解雇などで支払いができなくなってしまった時にとられるもので、住宅を失って債務整理をするものと住宅ローン特則を活用して家には住みながら債務整理をする方法があります。両者ともに高度で複雑な手続きが必要で、弁護士にとっても大変なことが多いので、金額もそれに比例して高くなっています。これらの依頼費用も支払いをしなくて済む期間に積み立てることで対応できますが、多くの方が住宅は残して債務整理をします。

 

場合によっては先に住宅が競売にかけられてしまうことも

住宅ローンの支払いができない状態は信用情報に記載されてしまうと新たに賃貸を借りるのも難しくなることがあり、機関保証が受けられなければ引っ越しも難しくなります。今ある家が既に建築されているのであれば、しっかりと必要な分は支払いを済ませて、個人再生を受けたほうが負担はかなり軽減されます。どんなにまじめに住宅ローンを支払っていても万が一の事態には対応しきれないので、憲法の中の言葉を使えば最低限度の生活を維持するために消費者を守ってくれます。それらの手続きのためにはやはり弁護士の力が欠かせないので、問題が大きくなる前にしっかり相談しておきましょう。ギリギリになるとそれだけ対応も遅れてしまい、場合によっては先に住宅が競売にかけられてしまうこともあります。
そうなってしまいそうならば、他にも任意売却などの手段を選ぶと自身の住む場所を守りながら債務整理もできるので、自身にとって、また家族にとって負担にならないように相談を重ねて対応しましょう。個人再生が選ばれることはあまり無いですが、家を持っている方や住宅の購入を検討している方は事前に制度や仕組みを把握しておくとよいでしょう。契約前に住宅ローンがかなり大きな買い物であることも把握しつつ、安全にローンが組めるようにすることも大切です。万が一のことをよく考えて、家族にリスクが生じないように可能であれば家を購入する時点で弁護士を見つけておくのも良いかもしれません。

  • 2015/03/07 00:13:07