信用情報機関にはどのようなところがあるの?

 

信用情報(ブラックリスト)への登録

 

自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理の全ての手続きをしてしまうと、個人の信用情報機関(CIC,JICCなど)にその事故情報が登録されることになり、一定期間借入が制限されるということがあります。
これは、その手続きごとに登録される期間が異なりますので、確認をしておきましょう。

 

借入ができなくなる期間

自己破産 約7年〜10年
個人再生 約7年〜10年
任意整理 約5年

 

たまに勘違いをして、自分の家族への信用情報の影響を心配されている方がいらっしゃいますが、債務整理で受ける信用情報への登録は、あくまでも債務整理を行った本人の情報のみの登録になりますので、家族の情報が登録されるということはありません。

 

ブラックリストとは

債務整理を行うと、個人の各信用情報機関にその情報が登録されて、一定期間借り入れなどができなくなることがありますが、一般的にこのことを「ブラックリストに載る」ということがあります。しかし、実際に「ブラックリスト」というようななにか紙に書いているようなリストがあるわけではありません。

 

通常クレジットカードの申し込みでも、新規の借り入れでも申し込みを受けた貸金業者は、各信用情報機関の登録情報を確認することになっています。要はその人が信用できる人でお金を貸してもきちんと返してくれるのかどうかを判断してくれる基準ということになります。
信用情報機関には、下記のような三社が有名です。

 

株式会社日本信用情報機構(JICC)
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

この上記の信用機関の情報を参照した金融会社は、事故情報の登録がある方の申し込みの場合には、通常貸し付けは行わないということになります。信用情報が傷ついてしまうということはこういうことで、この金融事故というものがあると、借入ができなくなってしまうということなのです。
また、債務整理を行った後は、現在利用しているクレジットカードについても、使えなくなる可能性があります。

 

 

 

 

日本で扱われている信用情報機関には下記のような3社が有名です。

 

株式会社日本信用情報機構(JICC)
消費者金融(サラ金)全般・一部の信販(クレジット)会社の借入利用情報

 

株式会社シー・アイ・シー(CIC)
信販(クレジット)会社全般・携帯電話会社・大手の消費者金融(サラ金)の借入利用情報

 

全国銀行協会(JBA)
銀行・信用金庫等の借入利用情報

 

実際債務整理やクレジットカードの支払いの遅れなどは上記の会社の情報に登録をされることになり、各信用情報機関では、金融機関の貸付の審査に役立つ様々な個人信用情報を登録してることになります。

 

例えば、株式会社日本信用情報機構(JICC)では、たとえば下記のような内容を登録しています。

 

登録される例 登録期間
入金予定日から3カ月以上延滞 延滞中ずっと
延滞解消 延滞解消日から1年
債務整理(契約先に返済額の減額等を申し入れた場合) 発生日から5年
自己破産申立、個人再生申立 発生日から5年

 

任意整理・個人再生・自己破産に関する情報の登録

債務整理などを行った場合、その履歴は、上記の各信用情報機関に登録されることになります。そして一定期間においてはその情報が残ることになり、新規でのクレジットカードの申し込みや、借り入れができなくなることがあります。

 

どの債務整理の手段をとったのかということによって、どれくらいの期間情報が残るのかということは異なってきます。また、信用情報機関によっても登録期間が異なります。

 

 

クレジットカードのなどで新規の審査に落ちた!原因がわかるって本当?

信用情報機関にはどのようなところがあるの?

債務整理でもそうですが、どこかのクレジットカード会社に申し込みをしてみて、もし1度でもクレジットカードの審査に落ちた経験があるという人はその原因が何かを信用情報を開示請求して、調べてみることをおすすめします。

というのも、1度クレジットカードに落ちてしまったにも関わらず、その他のクレジットカードなら審査通過するかもしれないと思いやみくもにクレジットカードの申し込みをしても、審査に通過する可能性は低いからです。

 

通常クレジットカードの審査というものは個人の信用情報を照合して行われるものになり、上記の信用情報機関で管理をされています。クレジットカードの会社ごとにどういった審査を行っているかは別々ですが、例えば、1度クレジットカードの申し込みをして、審査に落ちてしまった人がすぐ3日後に別のカード会社に申し込みをしても結局は同じような信用情報を見られていることになるので、審査に通過する可能性は低いのです。

 

信用情報の開示請求を代行

このサイトでも紹介しているアヴァンス法務事務所さんは信用情報の開示請求を代行でやってくれますし、わかりづらい信用情報の見方をアドバイスしてもらうことも可能です。

 

また、個人の信用情報というのは、

・今まで持っていたクレジットカード・ローンなどの支払い遅れ
・債務整理(自己破産・個人再生など)をしたことがあるかないか
・過去に過払い請求をした経験
・金融機関による掲載ミス・更新忘れ
・同姓同名の他人が事故を起こしている場合・・・・・などなど。

 

から成り立っていますが、ここで恐いのは自分自身は1度も支払いの遅れや金融事故を起こしたことがないにも関わらず同姓同名で他人の信用情報と間違って扱われてしまう場合があるということです。

 

仮に「山田太郎さん」のような全国にもたくさんいるようなお名前の場合は、他の人の信用情報と間違われて使われてしまうこともあるようですので、気になる方は一度調べてみることをおすすめします。

 

 

  • 2015/03/10 03:15:10