司法書士芳賀敏春事務所

【20年の実績と信頼ある事務所】

 

平成15年から独立開業して少額訴訟を中心に依頼を受けてくれている芳賀敏春氏が運営するコチラの事務所では、他の事務所では断られてしまうような少額の任意整理や過払い金返還請求でも請け負ってくれます。他の事務所で断られてしまった場合や、他の事務所では費用面で赤字になってしまうという場合にこちらの事務所がおすすめです。着手金や相談費用はなく、成功報酬のみで依頼を受けてくれるので、債務整理を低いコストで行いたい方や、少額の手続きになると予想される場合にピッタリの事務所です。庶民派の事務所ともいえ、相談から安心感のある話ができるでしょう。実績は20年あり、結果についてもある程度期待できます。まずは気軽な相談から始めていくとよいでしょう。

 

【中西ビルが事務所の目印】

 

こちらの事務所は周囲に様々な施設があり、東京メトロでもJR山手線でもアクセスできます。地域にある中西ビルが目印で、そのビルの中に事務所があります。長い実績と運営期間で依頼者の初期の段階での不安にもしっかりと対処してくれて安心できます。事務所に相談しに行く時でもそこまで不安はなく頼れるので、書類などが重くなる場合は郵送してしまってもしっかり対処してくれます。電話などで連携はしっかりと取り、双方の意思疎通ができた状態で話を進めていきましょう。都内に住んでいる場合ならば書類の安全面も考慮してタクシーの利用がお勧めです。事務所までの地図も調べる必要がなく、住所を指定すれば場所まで行ってくれるので非常に頼れます。色々と工夫して事務所に行くようにしましょう。

 

【難しい依頼でなければ費用もお得】

 

依頼費用は相場がある程度あり、やはり司法書士のほうがお得で、着手金も基本報酬も20000円くらいで済む場合が多いです。弁護士に依頼するとなれば2倍ほど高くなりますので、債務の金額や件数も合わせて相談して決めてもらいましょう。こちらの事務所では着手金や相談料はかからないのでとてもおすすめです。

 

【個人事務所の力はすごい】

 

事務所の開設ができるというだけでその事務所の才能は十分期待できるものです。平成に入ってから開設された事務所を運営する人は比較的新しい感覚を持っており、古い習慣などもなく、フランクに相談できることも多いです。それだけでも頼る価値がありますが、若者などはその意識に共感してもらえるということも魅力です。債務整理をする以前にそれぞれの生活状況や価値観を理解してもらえないと話も進みにくくなる上、信頼関係を築くのにも時間がかかるので弁護士や司法書士の年齢も事務所選びの大切なポイントです。