小関司法書士事務所

【債務件数が多いほど頼れる事務所】

 

司法書士事務所の多くはあまり訴訟をしないで解決しようとすることが多いですが、こちらの事務所は、訴訟が必要な案件でもしっかりと対応してくれます。過払い金の返還請求などでは、業者側も少しでもお金を持っていようとするため、本来支払う必要がなかったお金も返還されにくい場合があります。そこで、訴訟を起こして強制的に返還させ、さらに、返還しなかった期間の利子もつけて返すようにする権利が依頼者にはあるのです。これは個人ではなかなかできないことですが、司法書士・小関研太郎氏にはできることで、こちらの事務所を頼り最大の理由と言えます。訴訟の場合でもそれほど費用の変動がなく、妥協せずに返還請求ができます。完済してある場合には特にスピーディに対応できるうえ、依頼者側が有利になるので、かなり強い立場で請求ができます。司法書士でも実績や交渉力がある事務所として非常におすすめできる場所です。

 

【第3志村ビル203にある事務所】

 

東京杉並区にあるこちらの事務所は、JR線でのアクセスがやはり便利ですが、近くまで通っている地下鉄東京メトロもあるので、地図を確認してスムーズに行けるところを見つけておきましょう。地下鉄を利用する場合には、最も近い出口を見つけておかないと結構な遠回りになってしまいます。第三志村ビルまでの道がわかればアクセスも早いですが、予約の時間に遅れることがないように早めに行動していくと良いです。債務整理をする時にはクレジットカードなどの重要なものを持っていることも多いので治安の良い昼間などに事務所に行くようにしたほうが良いでしょう。

 

【安心の費用設定】

 

任意整理は基本的に1社のみでは基本報酬50000円、2社は80000円、3社ならば10万円となっており、複数社の依頼をする場合ほど費用がお得になっています。その分、減額報酬がないので安心です。過払い返還も基本報酬は1社あたり5000円で成功報酬は15%で安心です。訴訟をおこす場合には費用がかなり多くかかるので注意しましょう。

 

【日頃から借り入れに注意】

 

借金をすることが当たり前になっているような今の時代には、債務整理も需要が大きくなっています。クレジットカードのキャッシング枠やカードローン、消費者金融のキャッシングを合わせただけでも3社の借り入れになるため、借金を背負ってしまっている人では4社や5社程度の借り入れがあることも意外と多いです。そこに自動車ローンや住宅ローンも含めるとローンの数はとても多くなります。債務の数が多い方ほど任意整理の効果は大きくなるので、まとめて事務所に依頼していきましょう。どの程度の借金があるかも一度すべて話してから判断をしてもらうと良いです。