やよい共同法律事務所 弁護士井上玲子

【企業の債務整理に最強の事務所】

 

弁護士は敷居の高さがネックになって相談しにくい印象やふれあいにくい印象を持たれますが、それは依頼者だけではなく、賃金業者にとっても同じです。敵に回すと大変そうでも、味方として協力してくれる場合にはとても心強い存在になります。債務整理を主に企業の債務整理に関して行ってきた井上玲子弁護士はその良い例で、法律関係の事も詳しく、実際の訴訟や裁判、交渉においても妥協することなく対応してくれます。個人の債務整理とは異なり、企業の債務整理に強い方として東京都内でも珍しく、他にはいない存在です。企業が負う借金は1000万円から数億円になることが多く、これらの債務整理にはやはり様々な手続きや書類の発行が必要になります。自身に不利な状況にならないようによく工夫して債務整理をしたいときに最適な事務所です。中でも、会社の借金をそのまま個人が負ってしまいそうなときでも頼りにできるので、個人事業主や個人経営者の強い味方といえるでしょう。

 

【事務所は 寿ビル7階】

 

寿ビルの7階にあるこちらの事務所は、敷居の高さが魅力でもありますが、立地がよく、アクセスしやすく、遠くからでも目立つ場所にあるため便利にいけます。事前の書類受け取りなどでも対応してくれることがあるため、企業法務や債務整理を世話になる時にはしっかりと連携しておきましょう。この事務所の近くにある会社や同じ区域内にある会社ならば処理も手早くでき、安心して任せられるので、事前に自身の会社の場所や状況も説明しておきましょう。訪問するときにも早めに行動し、時間には余裕を持って訪れるようにしましょう。

 

【企業の債務整理は安心】

 

費用面は債務の規模に応じてかなり変化しますので、まずは相談しましょう。個人の債務整理と異なり、関連する企業の数や債務件数で大きく手続きの規模も変わるので一概に決められる報酬がありません。まずは状況を説明して、対応策を見出してもらうことから始めましょう。

 

【賃金業者の知識が重要】

 

弁護士への相談で障壁となる敷居の高さは、そのまま賃金業者に対する武器にできます。それだけ嘘偽りやだましが通用しないと思われるので、正確な対応をしてもらうことができます。賃金業者の多くは個人からの請求には強い態度で動きますが、弁護士や司法書士からの手続きとなるとかなり弱腰になります。弱者には強く、強者には従順に行動するので、事務所をしっかりと頼っていくとよいでしょう。債務整理も依頼者の希望に沿った形になって結果が出てくるでしょう。