弁護士会法律相談センター

日本弁護士連合会では、一般的な弁護士の事務所とは少し異なる法律相談を受け付けており、こちらも債務整理や借金問題に対応してくれます。東京では、新宿区新宿に法律相談センターがあり、電話で予約をしてから面談をする形で相談できます。時間帯は少し早いですが、9時半から16時半までで、社会人には少し手間がかかる場所かもしれませんが、専門家が対応してくれるので期待できます。

どんな相談でも基本的に相談料は5000円ですが、クレジットやサラ金の相談は月曜日から土曜日まで無料で引き受けてくれます。弁護士に依頼するお金がない時には法律扶助を受けられるので、こちらも日本弁護士連合会を頼りにするとお得です。債務整理をするときでもこれらが利用できるので、対応している機関・日本司法支援センターも調べておくとよいでしょう。弁護士会を通してお金の問題も質問しつつ依頼すれば法律扶助が受けられることも多いですが、仕組みや制度についてはある程度理解があったほうが安全です。
法テラスとも呼ばれる日本司法支援センターでは、民事でも刑事でも法律扶助があります。直接契約する場合と弁護士や司法書士を経由して契約する方法があり、一般的には弁護士が依頼を受任してから手続きを代行してもらう事が多いです。必要書類や手続書類も非常に多くなるので、個人で行うには時間がかかりすぎてしまうことがあります。本格的な行動も合わせて解決していきたいならば、信頼できる弁護士を頼ったほうが良いでしょう。
こうした法テラスは日本国内各地にあり、メールでも電話でも相談ができます。24時間365日受付はしていますが、行政機関と同じで年末年始などは返事が遅れることもあるので、時期は少し注意するとよく、早めの行動が重要です。
法律相談センターでは、弁護士を頼るときの費用の内訳や規定について記載されています。一般的には着手金、報酬金が必要ですが、裁判が起これば日当や事務手数料も発生します。事務所によっては法律相談も30分5000円程度かかるので依頼や相談する前に確認が必要です。顧問料は、毎月弁護士と契約して月単位で法律サポートを受ける人にのみ関係するものです。企業や個人事業主などが頼る場合がほとんどです。
お金の不安も多くありますが、それ以外にもどのような弁護士がいるかウェブサイトでは怪しいと感じる場合や信用出来ない場合もあります。そんな時には法律相談センターの弁護士検索を活用すれば、その弁護士が実際に存在しているかどうか、また、怪しい業務を行っていないか、詐欺ではないかなど事前に確認できます。こうした前提調査はインターネットを介してだれでも簡単にできるので事務所選びの参考にするとよいでしょう。

 

弁護士会法律相談センターの基本情報

弁護士会 新宿総合法律相談センター

東京弁護士会/第一東京弁護士会/第二東京弁護士会
東京都新宿区新宿3-1-22 NSOビル5階
【予約受付時間】
月〜土 午前9:30〜12:00 午後13:00〜16:30
(いずれも祝祭日を除く)
予約受付電話 03-5312-5850

 

弁護士会 錦糸町法律相談センター

東京弁護士会/第一東京弁護士会/第二東京弁護士会
東京都墨田区江東橋3-9-7 国宝ビル2F
【予約受付時間】
月〜土 午前9:30〜12:00 午後1:00〜4:30
予約受付電話 03-5625-7336

 

弁護士会 蒲田法律相談センター

東京弁護士会/第一東京弁護士会/第二東京弁護士会
東京都大田区蒲田5-15-8 蒲田月村ビル6階
【予約受付時間】
月〜金 9:30〜19:30
土・日 13:30〜16:30
※祝祭日を除く、12/28〜1/4、5月第2土曜日(ビルの電気設備点検日は休み)
予約受付電話 03-5714-0081

 

夜間法律相談を実施しています。(錦糸町)

 

錦糸町法律相談センターでは夜間相談を下記のとおり実施しています。クレジット・サラ金相談の他、一般相談も受け付けいますので、ぜひこの機会にご利用ください。

 

相談日 ★木曜日 03-5625-7336(錦糸町法律相談センター)
相談内容 労働事件、離婚事件、その他一般事件、クレジット・サラ金事件
相談料 クレジット・サラ金は無料(一般は5,250 円/30 分)