結絆法務司法書士事務所

結絆(ゆき)法務司法書士事務所は、代表の田代隆浩司法書士が運用しています。登録番号東京第5918号で簡裁訴訟代理認定もうけているため、基本的にはどんな依頼でも対応してもらえます。依頼者の不安や苦痛にも寄り添って親身に対応してくれるのが魅力で、東京都内だけではなく山梨県などからもいらいしゃがやってきます。地域では少し発展した場所にあるので敷居の高さを感じてしまいますが、ビルには学習塾も入っているのでそこまで敷居は高くはありません。また、司法書士なので1社あたり140万円までしか対応できないため、電話などである程度確認してから依頼するとよいでしょう。JR中央線立川駅の北口を出てから左方向へ向かうとみずほ銀行などがあり、KTC中央高等学院という学習塾があるメサビルの7階が事務所になっています。立川駅から移動するのが少し大変ですが、北口から出られればそこまで苦労することはないでしょう。立川駅にはショッピングできる場所も多いのでお買い物をするついでに相談に行くのも良いかもしれません。この事務所の魅力はなんといっても過払い金があるかどうかの調査が無料でできることです。信用情報などに登録されることなく返済中でも調査できるため非常に安心です。過払い金返還請求の料金は同じく0円で、成功報酬が10000円と過払い報酬20%~25%です。管理費用が1社あたり2000円と他の事務所に比べると非常に安い料金です。過払い金の金額が少額の場合や複数あってもそれほど大きい金額でない場合にはこちらがおすすめです。さらに任意整理は1社あたり月額9800円で減額報酬は10%です。過払い金の返還があれば過払い金の返還と同じ報酬がさらに追加で発生しますが、報酬の支払いが過払い金の返還された金額から支払うことになるので資金の積み立てなどが必要ないです。金額面ではとても魅力的な事務所です。債務整理には任意整理・過払い金請求と比較的大きな債務整理の自己破産や住宅ローンに関係する個人再生があります。個人再生は住宅ローンが支払えなくなった時、自己破産は完全にお金の収入がなくなって収支が回らなくなった時に行います。任意整理は借り入れの負担を減らして元金を返済していくもので、過払い金の返還は債務整理のうち最も安全な手続きです。任意整理をするメリットは借り入れている複数社の金利を全て0円にして、元金の返済だけに集中するもので、自己破産をしようと考えている人の何割かは任意整理を薦められることもあります。自己破産はリスクが非常に大きく、保証人に迷惑がかかることもありますが、任意整理では家庭や生活を壊すことなく手続きができます。過払い金返還は借り入れをした人の権利のようなもので、請求して払いすぎているぶんの金利は返してもらえます。法的にも過払い金は正当なものですが、任意整理は弁護士と協力して交渉する必要もあるので相性の良い事務所を探していきましょう。

 

結絆法務司法書士事務所の基本情報

事務所名 ゆき(結絆)法務司法書士事務所
所在地 〒190-0012
東京都立川市曙町一丁目14番14号 メサビル7F

 

電話番号 042-528-0022(代表)
司法書士 司法書士 田代 隆浩

 

※クリックすると日本司法書士会連合会のページが開きます
登録番号 登録番号 東京 第5918号
簡裁訴訟代理認定番号 簡裁訴訟代理認定番号 第901166号