ワールドへの過払い金請求

【金利29.2%は過払い】

 

過払い金が発生する可能性が高いのは、金利が高かった場合で上限金利ぎりぎりの29.2%に設定していたサービスはほとんどが過払い請求すべき対象です。グレーゾーン金利というのがポイントですが、賃金業法の改正にともなって発生したものとしても有名です。現在は上限金利は20%ですが、過去、20%〜29.2%の間で設定して良いという時期があったため、その時に契約したり、返済をしたりしていた方はほとんど過払い金が生じているでしょう。

 

【現行の上限金利20%で再計算】

 

ワールドという消費者金融も例外ではなく、金利29.2%のサービスを提供していたため、完済している方は特に有利に過払い金返還請求ができます。多くが50万円からの借り入れですが、50万円の借り入れでも1年で金利がその1割近くの6万円、2年で12万円と金利が加算されていっています。そのため、最大で支払う金利は50万円の20%分である10万円までで良いのですが、4年かけて返済した場合や5年かけて返済した場合には過払い金は単純計算で20万円も発生していることになります。取引の仕方によってはさらに多くの金額が発生することもあるので、時効が成立してしまう前にしっかり返還請求をしておきましょう。

 

【PR】当サイトおすすめの法律事務所はこちらから!

 

【取り立て態度も審査の対象】

 

ワールドという会社は評判はあまり良くはなく、取り立ての仕方が強引で今では違法に当たるものが多くありました。厳しい電話での取り立てや会社への無断連絡なども多く、利用者としては安心して借り入れできる会社ではなかったといえるでしょう。そのため、過払い金返還請求をする場合も証拠があればそれだけ有利に話が進められますが、既に倒産したと言っても良い会社から返還してもらうのはとても難しいものです。そこで頼りになるのが、債務整理に詳しい弁護士です。

 

【プロの弁護士を頼ろう】

 

弁護士も法律事務所も多いですが、実際に結果を出せる事務所は少ないため、しっかりと実情を知っており、過払い請求でも任意整理でも安全に進めてくれる事務所に頼る必要があります。過払い金返還請求では信用情報に傷がつくことはあまり無いですが、数年前までは過払い金の返還請求でも信用情報に問題が生じていました。そのため、すでに傷がついてしまっている方は、再度弁護士を頼っていけば信用情報もすぐに回復させられます。妥協しない弁護士であれば信用情報を傷つけられたとして逆に訴訟を起こしてくれることもあるので、頼れる力強い弁護士を見つけるとよいでしょう。債務整理もそれぞれの環境や状況によって大きな差があるので自身が不利にならないよう注意して進めていきましょう。