武富士への過払い金請求

【消費者金融の中でも有名な会社・武富士】

 

女性がダンスを踊っていたテレビCMでも有名な武富士は、倒産を迎えた時にはかなりの衝撃が走りました。人気も高かった上、利用者も多くおり、知名度が高かったこともあり、経営が難しくなった時点でも大きな問題になっていました。賃金業の中でも特に有名な事例だったので、社会的にもキャッシングやローンに関する関心を高める事にもなりましたが、金利が29.2%近いサービスも合ったことから過払い金の請求は今でも行われています。知名度も高く利用者が多かったことも影響して、未だに過払い金の存在が残っている珍しい会社とも言えます。もし、武富士と過去に取引が合った方は、今でも過払い金が請求できるかもしれないので、早めにプロの弁護士や司法書士の先生に相談して、返還されるお金をしっかりと確保しておきましょう。金利による過払いなので、返還される金額も比較的大きくなるはずです。

 

【大手の会社でも倒産するという例】

 

当時は、大手の会社が倒産することはないという認識が当たり前の時代で、武富士の経営悪化はかなり社会的にも問題になりました。消費者金融でも経営悪化する例があるというひとつの課題にもなりましたが、近年はやはり大手の会社に対する危険視する姿勢が緩くなっており、今一度武富士の例を思い出したほうが良さそうです。過払い金の発生からある程度時間を置いてから請求する人も多いですが、会社の更生手続が始まったり、完全に倒産してから請求しても返還される金額は大幅に減ってしまいます。法的にも潰れかけてしまった会社からはあまりお金を取り戻せなくなるので、過払い金の請求をするのであれば、早めが一番です。武富士は既に倒産しており、プロの弁護士でも十分な金額を請求できなくなっています。半ば諦めでも、いくら過払い金が発生しており、いくら無駄になってしまうのか、よく把握して今後のローン利用の参考にするとよいでしょう。

 

【過払い金請求はギリギリかも…】

 

武富士に対して、過払い金請求をしようと思う方は、既に手遅れな場合も多くあります。時効が成立してしまう人も中にはおり、過払い金として返還される金額が3万円にも満たないことも多くあります。本来は50万円の過払い金が合っても会社に支払う能力がなければ返還はされないためです。時効やタイミングの問題だけではなく、返還される可能性が低い会社であることも問題視される一つのポイントです。賃金業法改正の対応ができなかったのは会社側に問題があるため、返還をしっかりしてもらいたい場合には、特に弁護士選びが重要になります。訴訟をおこすだけではなく、交渉を繰り返して、しっかりと満額に近い金額で請求することも重要です。あまり期待はできない会社ですが、過払い金が多くある場合には、確実に取り戻す姿勢も大切でしょう。