SFCGへの過払い金請求

【SFCGは金利20%〜29%でほぼ過払いに】

 

SFCGは過去、かなり大きな金利でサービスを展開しており、過払い金が確定している会社の一つでもあります。コマーシャルや宣伝を多くやっている法律事務所や大手の経験が足りない事務所でも請求できるレベルの会社ですが、満額返還を期待するならば一度はこの会社に請求したことのある事務所を頼ると確実です。金利が29%まであったので、金利も割りと多く、返済期間が長ければ10万円や20万円という過払い金が発生してきます。既に完済している場合は、ほかのクレジットカードやキャッシングの利用に影響することはないですが、返済期間が長すぎる場合には過払い金請求してしまったほうが返済が終了することもあり、負担減少に役立ちます。まずは、法律事務所や司法書士探しから初めて安全に請求できる条件を揃えていきましょう。

 

【大手の法律事務所でも十分対処できる】

 

SFCGへの過払い金返還請求は、あまり経験がない事務所でも対処できますが、依頼費用の節約をしたい場合には個人でやってしまってもよいでしょう。請求自体が手間になることはあまりないので、まずは自身でじっくりと請求を進めていきましょう。取引履歴の開示請求までは個人でもお金をかけずにできます。開示請求後は差し戻し計算をして、借金の総額に対する返済金利の割合を計算して、法定割合未満になっているかチェックします。ここで計算ミスがあると困りますが、プロに任せて計算してもらえば過払い金があることもはっきり分かります。しかし、取引履歴の開示請求の時点で、初期の返済時の情報が残っていない場合もあるので、あまり会社側の意見を信用しすぎずにすべての履歴を開示してもらえるよう弁護士や司法書士も頼りましょう。

 

【資産管理や取り立てにも問題が多かった危険な会社】

 

過去、SFCGは返済の取り立て方や資産の管理が杜撰で、お金をただ稼げれば良いというようなサービスに劣った会社でした。取り立てが違法な例もあり、過去に厳しい取り立てを受けたことがあり、その証拠が残っていれば過払い金は更に多くできます。利子の5%だけではなく、さらに多くの返還を求められるでしょう。個人でも請求はできますが、過去に嫌な対応をされた場合にはあまり接触せずに弁護士を介したほうが安全です。弁護士に任せてしまえば過払い金請求中の違法な連絡や交渉も避けられるので、より安全になります。もし、今でも返済が続いているようならば早めに過払い金請求も検討し、法律事務所への依頼も急いでおきましょう。時には司法書士のほうが実績がある場合もあるので、法律事務所にかぎらず、司法書士事務所も視野に入れておきましょう。