SFコーポレーションへの過払い金請求

【平成23年に倒産したSFコーポレーション】

 

SFコーポレーションはあまり知名度は高くないですが、多くの過払い金を抱えていた会社です。特に、三和ファイナンスといえば分かる人も多いと思いますが、いくつかの過払い金を抱えたサービスを持っており、未だにその返還請求や続いている返済業務に追われている側面もあります。既に平成23年に会社は破産しているので満額返還は期待できないですが、少しでも返してもらいたい場合にはその請求先や倒産後の会社の状態もよく確認して手続きを進めていくとよいでしょう。過払い金の返還請求は個人でも行えますが、手順が多く複雑で面倒なものもあるので、交渉や訴訟も考える場合は弁護士に任せるのもよいでしょう。三和ファイナンスはかなり前の会社なので既に手続きに関する情報が多いですが、SFコーポレーションは倒産してからまだ日が浅く、情報が若干少ないため注意が必要です。倒産してから過払い金請求をしても返還額は大きくなりませんが、借入金額が多かった場合や計算して過払い金が多い場合には少しでも多く返してもらいましょう。

 

【旧三和ファイナンスとして過払い金は多かった】

 

旧三和ファイナンスという名称で、過払い金は特に多く残っています。金利が20%を超えているサービスが多かったので、返済を今でも続けている人は過払い金が発生しているままの場合もあります。過払い金請求をすると今でも支払っているお金がなくなることもあるので、十分注意して行動しましょう。返済があまりにも長い場合には、それだけ過払い金が発生していると考えられるため、少しでも早く請求をしておきましょう。法律事務所や司法書士事務所を頼れば手続きもすぐにやってくれるので、過去、三和ファイナンスやSFコーポレーションなどと関連が合った場合には今からでも早めに対処しておきましょう。請求の時効は10年なので、人によっては既に時効を迎えており、そうでない方も時効まで5年近くしか残っていないことになります。手続きを始めるならば早めが重要なので、事務所探しや自身の金銭管理も含めてしっかり進めていきましょう。

 

【今でも請求は可能でも返還金額は期待できず】

 

SFコーポレーションは三和ファイナンスへの過払い金請求先と考えられましたが、あっけなく倒産してしまい、会社としては過払い金請求から逃れるための社名変更や逃げるための会社という印象を持たれることもあります。わざわざ社名変更をして過払い金もしっかり払わないでいるため、かなりマイナスの印象を持っている人もいます。元々金利が高かったり、返済の取り立てが厳しすぎることもあったので、今後キャッシングを利用するつもりならば、あまり金利が高い所は頼らないようにしましょう。過去の消費者金融のマイナス面をよく見て、キャッシングなどを利用する会社を消費者が審査していくつもりで利用していけると今後は安全でしょう。