楽天クレジットへの過払い金請求

【旧イーバンクの楽天クレジット】

 

楽天銀行は、元々イーバンクと呼ばれていた会社が変わったもので、いわゆる吸収合併して生まれたようなものです。そのため、楽天クレジットも旧イーバンクやそれに関連するサービスが合わさっていると考えられ、人によっては借り入れサービスの名前がいつのまにか楽天クレジットに変わっているということもありえます。主に楽天カードというクレジットカードをサービスとして展開しており、ほかの旧式サービスについても同様にサービスをしている例もあります。吸収合併される前の会社のサービスや楽天クレジットそのもののサービスでも過払い金が発生していることがあるので、請求先や請求の足方は特に注意しましょう。楽天クレジットは金利ではそこまで不利なものはないですが、返済期間が長くなっていたものも多いので、しっかり注意して過払い金の有無のチェックも早めにしておきましょう。まずは、専門の弁護士や司法書士に頼るようにしましょう。

 

【カード付帯のキャッシングはより注意が必要】

 

クレジットカードに付いているキャッシングサービスは、意外と無意識に使ってしまっていることがあります。キャッシュカードの機能も付いているようなカードでは、自動融資のキャッシングがある場合も多く、公共料金の支払の設定をしていると不利な状況になってしまうこともあります。安易にクレジットカードのキャッシングを頼らないことも大切ですが、便利なサービスはそれなりに自己管理が必要なので、十分調べてから利用しましょう。クレジットカードについているキャッシングは金利が18%になっていることが多く、少しでも金利負担を無くしたいならば返済は一括にするか6回程度にするようにしましょう。完済してから借り入れをするクセもつけておくと、より安全にキャッシングが利用できます。

 

【過払い金を見つけるのが先決】

 

楽天クレジットのようなサービスでは、過払い金がどこで発生しているのか把握することも大切です。キャッシングのみを利用しているならばそれだけで簡単に判断できますが、複数のサービスを利用していたり、クレジットカード主体のキャッシングでは金利や借入額も把握しにくいので、司法書士や弁護士に依頼して、確実に過払い金があるのかどうかチェックしましょう。過払い金の発見は個人では難しいので、出来る限りプロに診断してもらい、同時に対処法まで合わせてアドバイスをもらうとよいでしょう。相談だけでも受けてくれる事務所は多いので、30分5000円程度の相談料で個人で過払い金を進めていくのもひとつの方法かもしれません。