プロミスへの過払い金請求

【吸収合併で大きくなった会社プロミス】

様々な会社が吸収合併されているプロミスは今ではかなり大きな消費者金融ですが、その分、知名度や信頼も大きく、過払い金の返還などにも敏感に対応してくれます。人によっては自己破産、任意整理など借金を返済できない例が合ってもなんとか対応できるほどの力があり、個人向けのキャッシング・カードローンサービスを提供する会社としては、かなり人気があります。
金利も15%程度に設定され、最大でも18%ほどにしかならないので、一般的には金利面で困ってしまうことはないでしょう。しかし、便利であるだけに、返済中にも借り入れをしてしまったり、長い期間返済が続いてしまうとそれだけ過払い金が発生する可能性が高いです。借入金額が少ないほど金利は18%に近くなり、毎月返済と借り入れが簡単にできるような金額になってしまいます。利用の仕方に十分注意して、安全に借り入れできるように工夫することも大切です。

 

【過払い金請求は弁護士を頼るのが妥当】

プロミスはほかにも様々な会社を吸収しており、過払い金請求に対しても対応が慣れています。そのため、過去の会社に対する過払い金請求でもプロミスを頼らないと返還されないこともあるので、プロミス側の意見も多少考慮して交渉する必要があります。特に取引状況は重要なポイントで返済中に一度でも遅延が生じていたりすると過払い金請求でかなり不利な状況になってしまうので、注意が必要です。個人で請求するとそういった細かなポイントで返還される金額の減額を迫ってきますが、弁護士に依頼しておけば、個人が交渉の場に出ることはなく、安全に過払い金請求をしてくれます。訴訟も起こしてくれるので、ほぼ満額に近い金額で請求を成功させてくれます。

 

【ほかのサービスとの関連に注意】

過払い金はブラックリストには入らない債務整理ですが、人によってはクレジットカードやキャッシング、カードローンの利用が制限されてしまうことがあります。プロミスとは関係のない地方銀行やそれ以外のローンサービスなど、全く関連がなさそうな所でもプロミスが機関保証として設定されているサービスは多いので、正当な権利である過払い金請求も慎重に進める必要があります。弁護士や司法書士に依頼するとなれば、事前の見積もりの時点で使えなくなりそうなカード類も教えてくれるのでかなり安心できます。プロミスという社名だけに気をつけるのではなく、それに関連しているサービスにも注意が必要なので、個人で安易に請求しないほうが良いでしょう。特にプロミス自体に請求する場合でもサービスを運営している会社名が全く異なっている場合もあるので、弁護士を頼ったほうが手続きもスムーズで確実です。

 

プロミスの基本情報

会社名:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
(英訳名 SMBC Consumer Finance Co., Ltd.)
設立 1962年(昭和37年)3月20日
資本金 140,737百万円
株主 株式会社三井住友フィナンシャルグループ新しいウィンドウを開きます 100%
決算期 毎年3月 年1回
本社所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座四丁目12番15号 アクセス
TEL:(03)3543-7100(代)
事業内容 貸金業・保証業 事業のご紹介
登録番号 関東財務局長(11)第00615号