ポケットカードへの過払い金請求

【今ではニチイに統合されたポケットカード】

 

ポケットカードは利用しやすいキャッシングサービスの一つで、金利も20%程度と割りと安全に利用できるサービスでしたが、返済と借り入れがしやすく、借りすぎてしまう人も多くいたサービスです。そのため、過払い金が発生している人も多く、金額も20万円を超えるような場合もあるようです。利用限度額50万円程度のサービスに対して過払い金が20万円もあれば、返還しておかないとかなりお金の無駄になってしまいます。少しでもお金で苦労しないようにするため、ポケットカードに対しても過払い金があれば弁護士を頼って請求していきましょう。個人で請求するのも良いですが、弁護士や司法書士のアドバイスは必須です。請求先や交渉、訴訟をおこすときなどもそれだけ弁護士の力が必要になるので、よく工夫して法律のプロを頼っていきましょう。既にニチイに会社が統合されているので、サービス名や会社名がわからなくなっている場合には、やはり法律事務所に任せたほうが手間が時間が無駄にならずに済みます。

 

【過払い請求は法律事務所がおすすめ】

 

ポケットカードはニチイに統合されたサービスで、利用は十分できるサービスですが、過払い金請求をする場合には少し面倒な手続きもあります。何より手続きに時間がかかることもあり、相当な負担が依頼者や債務整理をする人にかかります。少しでも素早く安全に、確実に過払い金請求をしたいならばポケットカードの過払い金請求や任意整理をしたことのある事務所に依頼するようにしましょう。過払い金請求では時にはかなり負担が生まれて、整理後にクレジットカードやカードローンが利用できなくなることもあります。そのため、弁護士や司法書士に任せてしまったほうが少しでも不利な状況を改善することができます。まずは、自分にあった事務所探しから初めてアドバイスでももらえるようにしておくとよいでしょう。

 

【個人でも7割程度は返還可能】

 

ポケットカードは個人でも請求できる会社ですが、変換される金額は7割程度にしかならないことが多いです。弁護士とともに訴訟も起こせば返還額はほぼ100%になりますが、それでも色々と不利な状況になってしまうこともあるので、やはり慣れている弁護士に依頼するのが重要です。個人での返還請求では依頼費用がかからないので、過払い金そのものが少ない場合には特におすすめです。しかし、返還額が減ってしまう難点があることを考慮して交渉でもある程度は妥協できるようにしておきましょう。満額返還を求めたい場合はやはり弁護士を頼り、訴訟も起こせるように依頼費用の用意もしておくとよいでしょう。