ノーローンへの過払い金請求

【新生銀行のノーローンと過払い金請求】

 

新生銀行からはレイクというサービスやノーローンというサービスが提供されていますが、有名で利用者が多いサービスでも、利用限度額内であれば何度でも借り入れと返済ができるので、利用の仕方によっては過払い金が発生してしまいます。例えば、40万円程度の借り入れ限度額の内、30万円を常に借りており、返済と借り入れを繰り返しているとかかる金利は30万円に対するもので、返済を進めているつもりでも借り入れがあるために自然と金利は高い状態で維持されてしまいます。これが長期間維持されればそれだけ借入額も多くなりますが、金利も高くなるので利用方法には注意が必要です。金利が14%から18%の範囲内で設定されていても利用者の使い方によってはかなり大きな問題になってしまうので、しっかりと注意してキャッシングサービスを利用していきましょう。

 

【利用者も多く知名度も高い】

 

ノーローンは、インターネットからでも利用でき、地域にある無人機からでも利用できるサービスです。若者も主婦も利用できますが、利用限度額はせいぜい30万円から50万円と控えめで、利用しやすいちょうどよいサービスといえます。利用者が多い分、過払い金が発生している例も多くあり、情報も比較的多くなっているため、過払い金請求はしやすいです。金額や返済状況によっては個人でも返還請求できるので、弁護士に依頼費用を払わなくても請求できる場合があります。過払い金を請求する時には他社同様取引履歴の開示請求をし、差し戻し計算をした上で、発生している過払い金を会社に書類を通して求めることになります。基本的には手続きが簡単にできるので、個人でも工夫して取り組めば、弁護士や司法書士への依頼費用を節約して債務整理ができるでしょう。

 

【請求は個人でも可能な例も】

 

ノーローンは今でもサービスが提供されていることもあり、会社がしっかりと運営されていることもあり、過払い請求は弁護士に依頼しなくても個人でもある程度は期待できます。個人で請求する場合には、手続きにかかる手間が多少面倒なことと、交渉力が必要になるため、満額返還を目指すならば訴訟を起こしてくれる弁護士を頼ったほうが良いです。変換される金額の8割ほどでも良いと考えている場合には、個人で請求するのもよく、費用の負担などを考えれば十分と言えます。個人で請求する場合でも司法書士や弁護士にアドバイスを貰って安全に請求できるようにしておきましょう。