日東リースへの過払い金請求

【日東リースという消費者金融】

 

過払い金請求ができると言われる会社の多くに共通するのは、金利がグレーゾーン金利で運営されていたことや返済の取り立てに問題が合ったことが多いです。日東リースは、金利が29.2%に設定されており、利用限度額は約50万円で、グレーゾーン金利が適用されていた頃は特に問題はありませんでしたが、法改正後にはその経営方針を大きく変えなければいけなくなって倒産してしまった会社です。まだ、潰れてから10年経過していないので、過払い金の返還請求は可能ですが、会社がその後どうなったのか、取引履歴の開示先をどうすればよいのかなど、不明な点が多いために、弁護士や司法書士といった債務整理のプロに任せて債務整理・過払い金返還請求をしていく必要があります。

 

【個人で取引履歴を開示してみるのもOK】

 

取引履歴の開示請求は、借り入れをしていた経験がある方ならばだれでもできるもので、銀行口座の残高照会と同じようなものです。書類の用意や本人確認、細かい質問をされることもありますが、借り入れしていた履歴が残っていれば良いので、一度でも借り入れをした方ならば、簡単に開示請求ができます。お金も殆どかからないので、過払い金があるかどうかの計算を法律事務所にやってもらうよりも前に開示請求を済ませておくとその後の手続が迅速に進むようになります。

 

【PR】当サイトおすすめの法律事務所はこちらから!

 

【過払い請求は安全にできる】

 

以前は、過払い金の返還請求でも信用情報に傷がついていましたが、今では完済後の過払い金返還請求は正当な権利として認められており、信用情報に問題を残すことなくリスクを最小限に抑えて請求できます。クレジットカードや他のローンに影響がないので、気軽に実施できるようになり、新たにローンの申し込みを考える方でも、クレジットカードの仕様が制限されると困る方でも利用できます。事務所によっては、信用情報まで注意して手続きを進めてくれるので、任意整理を依頼する場合でも頼れる債務整理専門の事務所に任せるとメリットが大きくなるでしょう。

 

【事務所の力で返還される金額も変わる】

 

日東リースは50万円が上限のサービスを提供していましたが、金利で多くなっていた9.2%ぶんを過払い金として請求できます。事務所によっては、返還されなかった時期のことも合わせて、利子を付けて返すように裁判所命令を取り付けるまで戦ってくれることもあるので、期待以上にお金が返ってくる可能性があります。過払い金は、取引上重要なポイントなので、少しでもお金をムダにしないように事務所選びもしっかり進めていくようにしましょう。