ナショナルクレジットローンへの過払い金請求

【過払い金請求は早めに手続きを】

 

近年、過払金の返還請求がかなり有名になっていますが、一昔前は信用情報に記載がされるいわゆるブラックリストの対象だったのですが、実際には完済後に払う必要がなかったものを支払ったものを返還してもらうだけだということで、ブラックリスト入りせずに過払い金返還請求ができるようになっています。過払いのお金は金額も20万円から40万円というような大きな金額になることも多く、見過ごしてしまうよりは一度でもその有無を確認しておくとよいでしょう。手続きにかかる時間も1ヶ月から1年とかかるので、多少負担はありますが、時効の10年を過ぎる前に手続きが終えられれば負担もほぼなく利用できるでしょう。

 

【PR】当サイトおすすめの法律事務所はこちらから!

 

【ナショナルクレジットローンとは?】

 

ナショナルクレジットローンは、いわゆるナショナル関係者が利用できるキャッシング・ローンサービスでした。今ではその利用もできず、存在自体がなくなったようなものですが、返済における金利や返済期間、その借入の性質などから過払金が発生している可能性はとても大きいです。利用できた人が限られているサービスですが、グレーゾーン金利であることや、会社関連の問題であるために過払金が請求しにくいという場合もあり、問題は意外と根が深く、弁護士と共に行動するのが良いでしょう。他のキャッシングと一緒ではないので、対応にも債務整理を専門に行なっている事務所を頼ったほうが良いでしょう。

 

【ナショナルクレジットローンの過払い請求】

 

こうした会社への請求には経験が豊富なだけではなく、労働問題にも対応している事務所に依頼する必要があります。特に、過払金の返還だけではなく、過剰労働やお給料の計算に異常があるなど、様々な問題を抱えている場合にも対応できる事務所が必要です。過払金だけではなく、労働関連で問題が生じる場合には、過払金の返還だけではなく、他の総合的な問題に発展してくるので、トラブルが重ならないように注意して、法的な側面から対応していく必要があります。会社が絡むような問題にもなるので、事務所選びを特に慎重に進めていきましょう。

 

【PR】当サイトおすすめの法律事務所はこちらから!

 

【事務所選びの注意点】

 

労働問題も、過払金の問題も合わせて依頼できる事務所は決して多くありません。事務所によっては初めてとなるような依頼になる可能性も高いものです。そのため、経験豊富で、妥協もすることなく、結果をしっかりと出してくれる弁護士を選ぶ必要があります。場合によっては個人と会社が裁判で闘う形にもなるので、できるだけ依頼者に負担をかけないで手続きをしてくれる事務所選びが大切です。依頼費用は安さよりも結果を重視して選んだほうがよく、こうした場合には着手金を受け付けている事務所のほうが信頼できます。安易に事務所選びをせずに、口コミや実績も確認しながら探していくとよいでしょう。