レイクへの過払い金請求

【新生銀行グループのレイクも過払いあり】

 

レイクは新生銀行グループから提供されている最も有名なキャッシングサービスですが、金利が14%から18%ほどに設定されていることもあり、返済に5年ほどかかっていた場合には、それだけ過払い金も発生してしまいます。新生銀行は銀行のようにも思えますが、どちらかと言うと消費者金融が大きくなっただけの会社に近いので、過払い金も発生してしまいます。しかし、過払い金の返還請求に対しては割りとしっかりと対処してくれるので、印象はそこまで悪くはありません。返還額も多くなるので、個人で請求をしてみるのもよいでしょう。長期の返済が合った場合には弁護士や司法書士の助けも借りると請求が楽になるので、よく工夫して返還請求するようにしましょう。過払い金はないと思わずに、一度診断だけは受けておくようにしましょう。

 

【借り入れと返済が多かった場合は特に注意】

 

キャッシングを今後も利用しようと思っている方は、過払い金請求をするのに注意が必要です。一定の金額で返済と借り入れが繰り返されるような使い方をした場合にも過払い金が発生するので、金利が低くても過払い金が全くないとは思わないようにしましょう。14%ほどの金利で借り入れをしている方ほど借り入れた金額は大きくなる傾向にあるので、長期間の利用では過払い金もそれだけ大きくなってしまいます。負担を少しでも減らしたい場合は、借りたお金はできるだけ一括で返済し、再度利用する場合には完済してから借りるようにすると今後は過払い金はあまり発生させずに利用できます。レイクからの借り入れでも過信せずにしっかりと返還してもらうようにしましょう。

 

【長期間のキャッシング利用があれば過払い金診断を受けよう】

 

レイクは主婦でも若者でも利用できるサービスですが、お金の知識が少ない方やお金の管理力が足りない人が借り入れる場合には少し注意が必要です。特に、借入後の診断や過払い金に関して、賃金業法の年収の3分の1までしか借り入れができないという法律についても知っていたほうが安全に借入できます。こうした問題は知らなかったでは済まされないので、過払い金についてもしっかり把握しておくようにしましょう。レイクでなくても過去に借金をした経験があれば、一度は診断を受けるようにしましょう。過払い金があるかどうかだけではなく、しっかりと返済ができているかどうか、その後余計なトラブルが起きないかどうかも大切なポイントです。法律事務所や司法書士事務所もしっかり頼っていきましょう。