かざかファイナンスへの過払い金請求

【ライブドアの分離サービス】

かざかファイナンスは、あまり消費者金融としては知られていない会社ですが、以前あったライブドアのファイナンス系の会社として運営されていました。ライブドアから金融系のサービスとして分離したサービスと考えるのが適切で、今ではあまり活動していない組織です。この会社から借り入れが合った方は、その金利故に過払い金が発生している可能性があり、完済している方も多いので、早めに過払い金請求を進めていきましょう。ライブドア自体は今でも存在しているので、請求先もそこまで難しくはなく、弁護士のいる法律事務所に依頼すればあとは任せっきりでもOKです。時効が成立するのはまだ少なそうですが、請求から返還までにかかる期間が1年とかかるようだと、それだけ負担が増えて、手続き中に時効が成立することもあるので、早めに対処しておきましょう。行動できるうちに請求して、跡は待っているだけにしておきましょう。

 

【PR】当サイトおすすめの法律事務所はこちらから!

 

【返還請求は他の業者と同じ】

過払い金の返還請求の方法は他の業者へ行うものと同じで、取引履歴の開示請求から始まります。過払い請求に時間がかかるのはこの手続のやりとりのためで、相手方からの返事が早ければそれだけ手続きも早く終了します。中には1ヶ月で完了する会社もあるので、それぞれの状況に応じて全く時間は変わります。返還請求の仕方は同じでも、相手の行動によっては弁護士なりにやることがあるので、一度任せたら、あとは弁護士から連絡が来るのを待っているだけです。過払い金請求は過去に借金をしていたことの証明になってしまうものでもあるので、プライバシーを保護してもらいたい場合には、実家や家庭への連絡はしないでくれたり、電話ではなくメールで連絡してくれるので事前に事情を話しておきましょう。

 

【弁護士の強さを頼ろう】

弁護士は、司法書士に比べると法律に関する知識も多く、対処できる金額にも制限がありません。また、裁判にも強く、法的な側面から過払い金請求を進めてくれます。時には返還が遅れたぶんの期間の利子をつけて請求してくれるという事務所もあるので、会社相手でも真向から立ち向かってくれるので非常に頼りにできます。過払い金請求の不安がある方や、信用情報に関する不安がある方は、しっかり頼れる事務所を見つけて頼っていきましょう。かざかファイナンスはそれほど悪質な業者ではないですが、手続きが遅い場合には、弁護士からしっかりと催促してくれるので安心して任せられます。まずは信頼できる法律事務所と出会えるよう行動していきましょう。

 

かざかファイナンスの概要

 

本社所在地 〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町13-2偕成ビル9階
設立 2005年(平成17年)2月1日
業種 その他金融業
事業内容 グループ金融子会社の経営管理及びこれに付帯する業務
代表者 赤池敦史(代表取締役社長)
資本金 1億8,010万円
決算期 3月
主要株主 株式会社APFH(アドバンテッジパートナーズLLP傘下)
主要子会社 関連会社の項目を参照
関係する人物 清水幸裕(元代表取締役社長)