Jトラストフィナンシャルサービスへの過払い金請求

【スタッフィで有名なJトラストファイナンシャルサービス】

 

Jトラストファイナンシャルサービスは、別名スタッフィという名前でも知られているサービスで、消費者金融としては金利が29%まで設定されていた会社です。そのため、利用経験があれば基本的にはリボルビング返済方式でも一括返済でも過払金が見込めるので、早めに時効成立前に請求を始めておきましょう。少し複雑なので法律事務所や司法書士を頼ったほうが効果が大きく、余計な手間が省けます。借入金額が30万円でも50万円でも金利が高かったぶんは過払いになるので、金額、返済方式などに関係なく、この会社との取引があればしっかり請求して、支払い過ぎている正当な権利は要求しておきましょう。スタッフィとしても有名で、Jトラストファイナンシャルとしてはあまり知られていない場合もあるので、似たような名称のサービスであれば一応プロに診断してもらいましょう。

 

【過払い金請求は弁護士や司法書士を頼りましょう】

 

過払い金は、法的には本来返還されるべきものなので、請求して当然ですが、一時期、過払い金請求で信用情報に傷がつく時期もありました。そのため、あまりよい印象を持っていない人もいますが、過払い金請求は今ではブラックリストに入ることなく請求できるので、気になっていた方や過払い金の発生が確実な場合にはしっかりと請求しておきましょう。弁護士や司法書士に依頼すれば、依頼した後はすべておまかせで請求手続きができるので既に終わった借金に対して余計な時間をかけずに済みます。少しでもコストやリスクを減らして過払い請求ができれば、さらに安全性が増すので、よく工夫して請求をするようにしましょう。依頼費用は基本的に着手金無料で、成功報酬も返還された金額の20%程度しかないことが多いので、負担も最低限に抑えて請求することができます。

 

【日本保証などが絡む例もあり複雑】

 

Jトラストファイナンシャルは現在では日本保証とも関わりがあり、請求先の不明確さや請求後に不利な状況になる可能性もあるので注意して手続きをする必要があります。複雑な事情で会社運営されている上、悪質な行為も多く、弁護士でも苦労する例があるため、少しでも有利に話を進めるには取引履歴の開示や返済で遅延がないことも重要です。色々な条件も必要で、交渉術が求められるので、法律だけではなく、交渉が強い事務所を頼ると結果が良くなるはずです。事務所探しは実力重視で探したほうがよく、実績や過去の結果で判断するとよいでしょう。