イワンへの過払い金請求

【消費者金融イワンと過払い金】

 

イワンという消費者金融は、過去のグレーゾーン金利の改正に伴う法改正で会社がなくなってしまった、新規の借り入れ募集をしなくなった会社で、過払い金返還請求ができる会社として知られています。多くの法律事務所や司法書士事務所でも対応してくれることが多く、時効の10年が成立する前にしっかり請求しておく必要があります。イワンは、奈良県などでも営業をしていた会社で、レタスカードやハッピークレジットと同じように金利が29.2%近くなっていたものでした。現在は上限金利20%で、あまり高い金利での利用はできなくなっていますが、グレーゾーン金利というものが設定されていた頃に借り入れをした方は、過払い金が発生している可能性が高いです。当時の法改正の切り替え時期に借り入れがあった方は早めに弁護士や司法書士に相談して、過払い金があるかどうかだけでも確認するとよいでしょう。

 

【PR】当サイトおすすめの法律事務所はこちらから!

 

 

【返還されるべきお金】

 

過払い金は、本来支払わなくてよかった金利を支払ってしまっているもので、返還してもらうことができます。過去、その請求をすると信用情報に傷がつくこともありましたが、今は信用情報に記載する必要がなくなっており、過払い金請求をしても依頼者に破損はありません。借金を完済する時には、必ず過払い金が発生していないかどうか確認しておくとよいでしょう。余計な支払いが出ないように注意しつつ、借り入れができるのが理想的ですが、グレーゾーン金利については法改正が原因なので、注意して利用しても過払いが発生してしまうという問題が起きています。無視せずにちょっとした過払い金の有無の診断から始めていくとよいでしょう。

 

【まずは診断だけでも】

 

診断だけであれば無料または3000円以内で調査してくれる事務所が多くなっています。取引履歴を開示する権利があるので、個人でも履歴を全部開示してもらうとよいでしょう。その後、取引履歴を確認して必要な計算をし、金利を引き戻し計算すると過払いが発生しているかどうかが分かります。この際に、専門的な計算や履歴の請求、その他、差し戻し計算などをミスなく行えれば自分自身でも調査できますが、弁護士に任せたほうが安心して結果がわかるでしょう。

 

【弁護士と資金管理を】

 

過払い金があれば、余計に支払っているお金であり、自分で持っていて良いお金なので、債務整理をする時にはこうしたお金も活用できます。返還されたお金を他の支払いに当てたり、赤字の補填にすることもできるので、資金管理という目的では、自身の積立が必要ない重要なお金となります。債務整理を進める時には過去の借金にも目を向けて、支払い過ぎているような不当なものがないかしっかり確認して、少しでも適正に手続きが進められるようにしましょう。