ヴァラモスへの過払い金請求

【アイフルやネオラインキャピタルとも関わりが】

 

ヴァラモスは既に倒産した会社で、かのネオラインキャピタルといった会社とも関係があったもので、会社関係はとても複雑でした。元々がアイフルから分離したような会社というイメージを保つ場合もあり、賃金業に特化した会社でありながら、経営に失敗して倒産したとも言えるでしょう。今では大手の会社やギルドというような会社に吸収されて、その後の債務処理に対応している面があり、アイフルの会社のマイナス面がそのまま分離したような印象を持つ方もいるでしょう。取引が過去にあった人は意外と少ないようで、ヴァラモスという状態で存在していた時期に契約をしているとこの会社から過払い金を請求できるかもしれません。アイフルやネオラインキャピタルと契約したと思っていても実質運営会社はヴァラモスという会社だったというような場合もあるので、過去の契約書はしっかりチェックしておきましょう。

 

【PR】当サイトおすすめの法律事務所はこちらから!

 

 

【請求先は弁護士に頼ろう】

 

ヴァラモスのように請求先が少し分かりにくい場合には、まずは弁護士や詳しい司法書士に相談しましょう。地域にある法律相談センターでも相談にのってくれるので、バランスよく活用して、ヴァラモスへの過払い請求をどうすればよいのかイメージを掴んでいきましょう。弁護士がいる法律事務所に任せてしまえば細かいことは気にしなくてもできるようになりますが、ある程度自身で理解しながら進めたい方は情報収集も怠らないようにしましょう。また、法律事務所の対応が不足することもあるので、事務所への相談は1つではなく、最低でも3つは行くようにして、それぞれの見積もりを確認しておくとよいでしょう。しっかりと希望通りの結果になるように依頼者自身も協力していきましょう。

 

【返還はあまり期待できないかも】

 

ヴァラモスは既に倒産していることもあり、あまり返還される金額は期待できません。民事再生手続きをしたような会社では特に過払い金の返還はほとんど受けられないと考えるのが普通で、ヴァラモスについても十分な金額は期待しないでいたほうが精神衛生上良さそうです。しかし、事務所の実力があれば、満額しっかりと請求して返還されるようにしてくれることもあるので、事務所選びはとても大切です。請求先がわかっても、既に時効が成立してしまいそうな時期になっていることも多いので、行動は今すぐ、過去の借り入れをすべてチェックするつもりで行ったほうが良いです。後回しにすればそれだけ受け取れるはずだった数十万円が失われてしまいます。