クロスシードへの過払い金請求

【破産手続をしたクロスシード】

 

あまり名前自体は知られていないクロスシードも消費者金融として貸出をしていた業者の一つで、グレーゾーン金利がまだ合った時に生まれたような会社の一つです。やはり金利が29.2%と高めに設定されていたために、過払い金が発生しており、特に営業方法に問題が合ったわけではないですが、過払い金の支払いができなくなったために倒産することになってしまった会社と言えます。既に破産手続をしてしまっているので、過払い金の請求は不可能かとも思われますが、今では他の大手の消費者金融に吸収されているので、弁護士とともに請求を進めていけばそこまで負担を抱えずに過払い請求が可能です。しかし、手続きや取引履歴の開示などでやはり個人では難しい面が多いため、弁護士との協力が必要となってしまい、それだけ依頼費用がかかる点は覚悟しておくとよいでしょう。

 

【PR】当サイトおすすめの法律事務所はこちらから!

 

【請求先はプロミス!?】

 

クロスシードへの過払い金請求は、今はプロミスにすることになっています。プロミスやアイフルなどの大手の会社は、様々な消費者金融を吸収合併することで、そのシェアを大幅に伸ばしてきましたが、その分、マイナスの過払い金請求の仕事も引き継いでいるので、大手の会社へ請求することになる場合が近年は多いです。そのため、どの会社がどこの大手会社に吸収されたのかしらないままでは請求もしにくいので、しっかりと過払い金請求したいならば、弁護士や司法書士との連携が欠かせません。依頼してしまえば、跡は全て任せておけるのも弁護士に依頼するメリットなので、仕事で忙しい方などは特に法律事務所を活用するとよいでしょう。過払い金請求では訴訟が必要なければ費用はそれほど大きくかからないので、安心して請求するとよいでしょう。

 

【弁護士と協議して手続きを進めよう】

 

クロスシードというような会社は、意外と自分が契約していることを知らずに契約していた、というような契約した会社とサービスを運営する会社が異なっている場合もあり、一度過去の過払い金をすべてチェックしたほうが良いかもしれません。自分では気づかないうちにクロスシードと契約していれば、ほかの会社名と思って契約していても、実際の契約が異なっていれば請求先も変わってきてしまいます。そういった書面に関する問題にも弁護士や司法書士ならば気づいてくれるので、過去の事例であっても、早めにチェックや診断をすることで安全に過払い金請求ができるでしょう。まずは、無料相談を受けて、過払い金があるかどうか、クロスシードとの契約があるのかどうかから調べておくと良さそうです。