三菱UFJニコスカードへの過払い金請求

【日本信販・UFJ・DCカードの連合会社】

 

クレジットカードが利用できるサービスとして有名な三菱UFJニコスカードは、日本信販やUFJ、クレジットカードのDCカードが一つになってできた会社です。比較的大きな会社のサービスで、クレジットカードを利用している人が、それに付帯しているキャッシングサービスを活用する機会も多いです。その際に、クレジットカードの分割払い感覚で利用してしまうと、なかなか支払いが終わらずに、かなり長い期間返済する羽目になってしまいます。事前に仕組みをよく理解してから利用すると安全なのですが、既に使ってしまった場合には早めに完済して過払い金がないかどうかチェックする必要もあります。金利は18%位のものがほとんどなので、借入金額にかぎらず完済後は診断しておきましょう。クレジットカードの利用とキャッシングは全くサービスが異なるので注意して利用しましょう。

 

【過払い金の請求には注意も必要】

 

クレジットカードの手数料などはそこまで負担になりませんが、キャッシングではその時の借入残高に応じて金利が発生します。金利は借入金額全体の18%未満になるように設定されるのですが、返済途中に借り入れをしてしまうと金利が固定されたままになり、金利超過状態になってしまいます。少しでも過払い金や債務整理の負担を無くしたい場合には、過払い金が発生しないように安全な利用をすることも重要です。請求する時には既に利用しているクレジットカード類が一時的に使用できなくなる可能性を考慮しておきましょう。短ければ1ヶ月から2ヶ月程度、長ければ半年から1年利用停止になるので、一応弁護士や司法書士に頼っておくと良いです。交渉次第では過払い金請求後にもほかのサービスが利用できることがあるので、プロの意見も必ず参考にしておきましょう。

 

【クレジットカードの扱いには気をつけて】

 

三菱UFJニコスカードはクレジットカードとしてはだいたいどんな所でも使えるので、人によっては使えなくなると困る場合もあるでしょう。過払い金請求によるデメリットでカードが使えなくなってしまうと相当負担になるので、他社のカードを発行しておくか、事前に公共料金の支払いなどをカードの設定から外す必要もあります。過払い金請求が関連会社のサービス利用に影響するので、少しでも負担が減るように弁護士や司法書士に頼りましょう。個人で請求する場合では、会社側からの申し出をスムーズに飲めば安全になりますが、それだけ返還金額が下がってしまうことも多いです。少しでも負担が減らせるように注意して法律や請求方法についても情報を集めた上で請求をしていきましょう。