アルシェへの過払い金請求

【香川県高松市のアルシェも過払い対象】

 

各地方にある消費者金融の中には既に倒産してしまったような会社もあり、大手の消費者金融に吸収された所も多くあります。アルシェは香川県高松市にあった消費者金融で、貸付限度額も50万円程度で、そこまで負担が大きいようなサービスではありませんでしたが、金利が29.2%と設定されていたこともあり、過払金の発生が明らかです。また、既に時効としての10年が経過しようとしているので、早めに対応しないと過払金の返還請求自体ができなくなってしまいます。今からならばまだぎりぎり間に合うので、早めに債務整理も含めて過払い金返還請求をしておきましょう。地方の消費者金融ですが、大手の借り入れがある場合には東京都内にあるような実績豊富な事務所が対応してくれることもあるので、それらも合わせて利用できるとお得に債務整理が可能です。

 

【過払い金請求の事務所探しは重要】

 

過払金の返還請求をするためには、可能な限り法律事務所に依頼する必要があります。個人で請求することもできますが、過払金を請求する会社によっては、かなり難易度も高くなるので注意が必要です。また、基本的に会社はあまりお金を請求されたがらないため、開示請求を様々な理由をつけて断ろうとする場合もあります。しっかりと対応して強い態度で対応できる事務所に依頼したほうがその効果は非常に大きくできます。過払いの金額が大きい場合には特に個人よりは弁護士・司法書士に任せる必要があります。事務所探しは安易にせずに真剣に進めていきましょう。

 

【アルシェの特徴と過払い金】

 

アルシェは香川県の地域密着型の経営をしていた消費者金融で、負担はあまりなく、利用者も多く、ある程度信頼ができる会社でした。しかし、過払金が出る点については、法改正やグレーゾーン金利が関係していることは明確で、29.2%まで達していなかった場合でも20%以上の金利で契約をした経験があれば、過払金の存在を疑ったほうが良いでしょう。過去の借り入れが既にわからなくなっている場合や個人では取引履歴が取り寄せられなかった場合にも、会社側にとって不利な履歴がある可能性が高いので、自身で返済をした際のレシートなどを用意しておきましょう。そこまで悪質な会社ではないので、過払金があるとわかっている場合には、着手金無料で依頼できる事務所を頼るのも良いかもしれません。アルシェへの借り入れがある場合には、出来る限り無駄が生じないようにし、依頼費用の無駄は削減してしまってもよいでしょう。地域によっては十分魅力的な事務所がない可能性もあるので、注意しつつ依頼するようにしましょう。必要に応じて大阪や東京の経験豊富な事務所を頼るのもよいでしょう。