アプラスへの過払い金請求

【少し請求しにくいアプラス】

 

アプラスはクレジットカードの支払いやショッピング枠の利用で名前を聞いたことのある方は多いと思いますが、あまりキャッシングやカードローンのサービスは知られていません。実際、カードローンなどは個人向けにも事業者向けにも存在しており、車の購入や住宅ローンの利用でも頼れる会社なのです。しかし、利用期間が長かったり、複数のサービスを合わせて利用した場合には、合算した時に、金利が大きくなってしまって、過払い金が発生することがあります。この過払い金も弁護士に任せてチェックしてもらったほうが確実で安心です。いくらの過払い金があるのかは、なかなか分かりにくいものなので、気をつけて利用するようにしましょう。取引履歴の開示くらいならば、信用情報に影響はないですが、ものによっては任意整理扱いにされてしまうこともあるので、返済中の過払い金チェックや診断はプロに任せるようにするとよいでしょう。

 

【PR】当サイトおすすめの法律事務所はこちらから!

 

【信販会社は注意が必要】

 

アプラスは信販会社として知られており、意外と様々な所でサービスを提供しています。そのため、ちょっとした行動でもその情報が共有される可能性があります。過払い金請求くらいでは信用情報に傷はつかないですが、債務整理を始めたと思われると色々と振りになることも出てくる可能性があるので、タイミングには十分注意しましょう。アプラスのような大きな会社の場合、そこまで過払い金請求で悪質な行為はしないため、すんなりと請求や手続きができますが、場合によっては1ヶ月から1年という期間がかかるので、支払いは少し注意しておくとよいでしょう。何より、取引終了時期が曖昧になりやすいので、クレジットカードなどを使用して買い物をし、長い期間かけて支払った場合には、一度は過払い金の有無を診断するようにしましょう。

 

【基本的な手続きは同じ】

 

アプラスへ過払い金請求する場合も基本的な流れは同じです。取引履歴の開示、差し戻し計算、交渉と進み、必要に応じて訴訟を起こして確実に希望する金額が返還されるようにします。最終的には和解という形で決着し、過払い金が返還されます。賃金業では、この過払い金は率先して返還しようとはしないので、しっかり自身で請求していきましょう。この時弁護士や司法書士を頼っていればかなり負担は減るため、最初の段階から依頼してしまうとよいでしょう。過払い請求では、依頼費用は返還された金額から支払うことになるので、自身でお金を積み立てる必要がなく、とても便利に活用できる債務整理です。少しでも過払いの可能性があるならば、じっくりと検討して早めに診断をしていきましょう。