アエルへの過払い金請求

【アエルの過払い金請求のポイント】

 

過払い金請求はどんな会社に対して行うのも弁護士を介せば同じと思われる場合も多いのですが、実際にはそれぞれの会社で請求先が異なり、交渉の仕方やタイミングもそれぞれの請求で異なっていくので、安易に請求できないものです。過払い金があるかどうかを調べるために取引履歴の開示をする必要がありますが、この時点で過払い金が発生しているかどうかが分かります。会社によっては取引履歴を全てではなく、一部しか公開しないような場合もあるので、支払った依頼者と業者で数字が一致しているかどうか確認する必要もあります。計算は少し専門的で難しいので、やはり司法書士や弁護士などプロにやってもらったほうがミスがなくて安心です。この段階で過払い金が十分な金額発生している事が確認できれば過払い金請求を進めていくことになります。過払い金が3万円程度の場合には、手数料やその他の費用がかかってプラスマイナスゼロになってしまうため、過払い金請求自体が無駄になってしまうこともあり、アエルへの請求をするときにも事前の調査からじっくりと進めていくとよいでしょう。

 

【PR】当サイトおすすめの法律事務所はこちらから!

 

【5年以上の取引に注意】

 

金利に問題がなくても、返済期間が長くなるとその分過払い金が発生している可能性が高まります。返済期間が長ければ自然と金利の割合が大きくなっていくので、金銭的な負担はアエルでも長い返済に関しては注意が必要です。これは借金の返済方式の仕組み上、仕方がないものなので、過払い金が発生しないようにしたければ、早めに返済していく必要があります。繰り上げ返済を上手に活用していくとよいですが、お金の負担が厳しい場合にはどうしても金利面で過払い金が発生してしまうこともあります。まずは、返済途中でも弁護士に相談しておき、過払い金があった場合の対処法なども調べておくとよいでしょう。また、借り入れをするときにも、返済期間が5年近くかかる場合には、契約自体を検討するとよいでしょう。

 

【過払い金返還は正当な権利】

 

過去、過払い金はブラックリストに入ってしまう債務整理のひとつでしたが、その性質上、過払い金は消費者の過失ではないため、ブラックリストに入らないことになっており、しっかりと金融庁でも取り決められています。過払い金返還をしてブラックリストに入ってしまった人は、弁護士に相談すればそれほどお金もかからずに信用情報の修正ができるので、不利な状態から脱却できます。また、これから過払い金請求をしようと考えている方は、信用情報のことは気にせずに請求できるので安心して法律事務所に依頼するとよいでしょう。消費者の正当な権利として、無駄に支払ったお金をしっかりと取り戻しましょう。