日立信販への過払い金請求

【過去アエルと呼ばれていた日立信販】

 

日立信販はアエルが社名変更した会社で、過払い金が発生するようなサービスを提供していたこともあります。金利が高かったり、取り立ての仕方が少し厳しかったりしたことも合ったので、請求する時にはできれば弁護士を頼ったほうが良いでしょう。個人で請求するときは、手続きや交渉が難しいので、アドバイスなしで過払い金請求をする場合にはしっかりプロの事務所を頼るようにしましょう。アエルと契約していた方は日立信販にその過払い金請求が移っており、その後さらに社名変更されていることもあるため、日立信販へ請求する時には取引履歴の開示からしっかりと情報収集をしていきましょう。正しい請求先に請求しなければ結果はあまりよくならないので、アエルや日立信販など、過去に取引をしたことがある人は特に注しましょう。プロに任せたほうが良い結果になるので、頼れる法律事務所を見つけたほうが早いです。

 

【過払い金請求の時効もありえる】

 

日立信販の過払い金請求は、少し時間が経ってしまっていることが多く、時効が成立している例もあります。過払い金請求自体に時間がかかることも多いので、早めに気づいて請求できればぎりぎり間に合うかもしれません。50万円の借り入れに対して金利が29%で設定されていたならば過払い金の発生は確実ですが、時効が成立していれば返還される可能性は著しく低下します。また、アエルと鳥ひkが合った人も既に時効な場合が多く、弁護士でも対応できない例が多くなっています。弁護士への依頼が難しい場合や、敷居が高くて相談しにくい場合には司法書士でも対応してくれるので、最初の相談は司法書士でもよいでしょう。とにかく、先延ばしにせずにしっかりプロの相談することが大切です。安易に個人で請求を始めずに、しっかりプロの意見を聞いて行動するとよいでしょう。

 

【請求はプロに任せて!】

 

過払い金請求は、時には信用情報に記載されてしまうこともあります。少し前までは過払い金請求もブラックリストに入れられてしまいましたが、今現在は過払い金は消費者の正当な権利になっているので、安心して請求できます。それでも、会社側や関連サービスの利用が制限されるというような制裁はあるので、弁護士や司法書士などを通したほうが不利な状況に立たずに済みます。一般的な法律事務所でも対処できない場合があるため、日立信販への請求をしたことがある事務所を見つけて依頼するようにしましょう。