リッチへの過払い金請求

【ぷらっとやクオークローンとともにクラヴィスになったサービス】

 

リッチはクラヴィスという様々な会社がひとつになったような会社に吸収された会社で、ほかにはぷらっとやクオークローンなどが吸収されており、過払い金の請求も多く行われています。過払い金は基本的に返還されなければいけないものなので、見つかればできるだけ早めに請求して、無駄なお金が残らないようにしましょう。請求そのものは、そこまで難しくはないですが、個人で行うとなると時間や手間も多くなるので可能な限り法律事務所に依頼してしまったほうが良いでしょう。クラヴィスやその後社名変更された会社に過払い金請求をすることになりますが、会社によっては吸収された会社や過払い金請求が移った会社も知っている事務所に依頼するようにしましょう。個人で安易に手続きをせず、プロに相談しながら進めていきましょう。

 

【過払い金は早めに発見してプロにお任せ】

 

過払い金を見つけるのは意外と難しく、過去に利用していたサービスなだけあり、既に忘れてしまっている人も多いです。そのため、借金を整理しようと思う場合や遺産の相続を考えるような時には、過去の過払い金についても把握してみるとよいでしょう。弁護士に頼ると過去の借金の診断もしてくれますが、時効が成立していると過払い金請求はできないので、できるだけ早めに診断をしましょう。時効は取引から10年なので、時効になってしまう前に請求を済ませるようにしましょう。請求までいかなくても、診断だけでもしっかりと済ませておき、せっかく返還されるような金額をムダにしないようにしましょう。まずは法律事務所にしっかりと相談して過払い金がないかどうか確認しておくようにしましょう。

 

【時効の10年経過に十分注意して!】

 

リッチのように既にクラヴィスという会社に吸収されたり、その後も社名変更などが重なったような会社に過払い金請求をする場合には特に注意が必要です。時効になってしまっている例もあれば、過払い金があまり多くないこともあるため、一度はプロにチェックしてもらい、少しでも安全に請求ができるようにしましょう。過払い金請求ではそこまで不利な状況にはならないですが、クレジットカードが使えなくなる時期があったり、キャッシングが使えなくなるサービスが出てくることもあるので、個人で請求する場合には特に併用しているキャッシングサービスにも注意するようにしましょう。時効の10年が過ぎないうちに手続きをする必要があるので、自分が利用していたかどうか覚えていない場合には、しっかり信用情報を閲覧して過去の借り入れなどを照会しながら過払い金請求を進めましょう。