ユニマットレディスへの過払い金請求

【CFJ関連の女性向けサービス】

 

借金関連の問題を話し時には必ずと言ってよいほど名前が出てくるCFJからは女性向けのユニマットレディスも提供されていました。当時は女性向けのサービスは少なく、主婦や働く女性が利用できる珍しいサービスとして利用者も意外と多く、多くの方を助けていました。しかし、金利が少し高く設定されており、グレーゾーン金利をそのまま当てはめていたので、今では過払い金発生の対象として、請求が多くされています。払いすぎている金利が非常に多く、働く女性やシングルマザーなどお金に困っている人がやむなく過去の借金から余計に支払っているぶんを取り戻すためにとる対策にもなっています。個人で請求することは少し難しく、できれば弁護士や司法書士などプロに任せたほうが結果が良くなります。すでになくなった会社なのでクレジットカードのりように影響することはあまり無いですが、返還額を高くするためには専門家の交渉力が重要になります。

 

【時効成立に特に注意して】

 

ユニマットレディスはかなり前になくなった会社で、取引履歴の開示だけでもかなり時間がかかってしまいます。また、請求先が曖昧になっていることも多く、過去の情報が整理されないままになっていることも多いので、手続きをする時には個人よりも弁護士など力のある方に任せたほうが処理が早く済みます。人によっては時効が成立するギリギリまで返還されないこともあるので、とにかく依頼や相談は早めに済ませておきましょう。あまりにも時間が立ちすぎると手続き中に時効成立してしまい、返還が一切されなくなることもあるので法律に詳しいプロに任せるのは重要です。また、連絡や反応が遅いことも知られており、既に潰れた会社として少ない人員でギリギリ運営されている状態なので、しっかりと過払い金を返してもらうには会社側にしっかり意見を伝える力も必要です。個人では手間がかかってしまいますが、弁護士に依頼すれば遅れのぶんも合わせて請求して利子もつけてくれるのでとても頼りにできます。

 

【過払い金請求と債務整理】

 

CFJ関連の過払い金請求は意外と多くの事務所が対処していますが、満額返還させるのは難しくなっています。会社がそもそも資金を既に持っていない事も多く、下手に請求して倒産されてしまったり、消費者に不利な手続きを会社が初めてしまうと返還額は一切なくなるので、請求する時には注意も必要です。過去の訴訟の事例がそのまま例にできないこともあり、それぞれに合わせて過払い金請求をすることになります。まずはしっかりと請求すべき金額とどの程度返還されればよいかを検討しておき、スムーズに交渉が終わるように心がけるとよいでしょう。女性だけでは会社になめられてしまうことも多いので、出来る限り弁護士とともに協力して過払い金請求をするようにしましょう。