ポケットバンクへの過払い金請求

【三洋信販として有名なポケットバンク】

 

ポケットバンクは今では三洋信販となっており、特に西日本では有名なサービスです。若者や主婦でも利用でき、ちょうどよい金額で借り入れができたのも魅力な理由です。キャッシングとしては利用しやすいですが、返済も口座振替などが利用できるので、ある程度お金の管理ができている人ほど借金の管理が疎かになってしまうこともあります。そのため、返済にどれくらいの期間がかかったのかよくわからないままの人も多く、過払い金が発生していても気づかないでいることもあります。しっかり無駄をなくすためには過払い金も回収して正当な権利として請求をしておきましょう。ポケットバンクを過去に利用していた方や三洋信販との取引をした方はサービス名などでポケットバンクと関わりがあることも多いので、まずは弁護士に診断してもらうようにしましょう。診断は無料、または、約3000円でできるので、早めに相談しておきましょう。

 

【九州や西日本では利用者も多い】

 

ポケットバンクは利用者が多かったこともあり、過払い金請求も盛んに行われています。中には関東に住んでいる人が利用していた例もあり、遠方までそのサービスが有ったため、過払い金が多く発生していることでかなり話題にもなっています。西日本では東日本よりも請求が盛んに行われており、会社として存続していけるかどうかはその力量にかかっており、もしかしたら倒産する可能性もあるので、早めに請求する必要があります。倒産してしまってからではそれ以上過払い金は返還されなくなるので、早めに請求しておく必要があります。時効になることはあまり無いですが、会社の都合で返還額が大幅に引き下げられてしまうこともあるので、無理なく利用していけるようにしましょう。

 

【過払い金の返還にはかなり時間がかかる】

 

ポケットバンクもですが、過払い金の返還には意外と多くの手続きが必要になるので、請求する時には早めの行動が重要です。返還されるまでに1ヶ月から1年ほどかかることもあるので、個人で請求するとなるとかなり手間がかかります。弁護士や司法書士に任せれば、結果を待つだけで良いのですが、個人で行うとなれば面倒な事も多くなるため、事前にある程度時間がかかることも考慮して気長に結果を待てるようにしましょう。書類の用意や取引履歴の照会をするだけでも難しいことがあるので、負担を少しでも減らすためにはプロのアドバイスを貰うことも大切です。依頼費用や返還金額もよく比べて、赤字にはならないように注意しながら債務整理を進めていくことも意外と大切になります。