フロックスへの過払い金請求

【クレディアやネオラインキャピタルの関連会社】

 

フロックスは一時的に発生した会社の一つで、クレディアというネオラインキャピタルなどが関連した会社と深い関わりがあります。消費者金融の会社としてほんのすこし知られているくらいですが、人によってはこの会社と契約をしている人もおり、過払い金が発生している場合にはクレディア関連の会社に請求することになります。特に社名変更が多くあり、素人では少し手続きがしにくい会社の一つなので、できるだけ債務整理に詳しい弁護士や司法書士に頼るようにすると過払い金返還の効果も大きいでしょう。請求の仕方や開示請求、返還後の状況を有利にするなど、プロでないと対処できないことも非常に多い上、会社そのものの情報が減ってきているので、しっかり正しい情報を持っている事務所に任せれば、余計な手間やリスクを負わなくて済みます。まずは、相談から初めてどのような対策を取るのか、よく確認していきましょう。

 

【クレディアからフロックスへ】

 

フロックスは金利が高かったことも知られていますが、一時的にクレディアからフロックスへ社名変更された後に、再びクレディアに名前が変えられています。特に会社がその社名を変えるのは違法ではないですが、過払い金の請求をする時には社名なども悪用して、過去のどんな時期の社名に対するものかを曖昧にすることで、過払い金請求から逃れようとした結果生まれたのがフロックスという会社です。誠意のない悪質な行為として認識されるこうした社名変更は、弁護士やその他の多くの方で共有されて、今では当たり前のように知られているので、プロの弁護士や司法書士をはじめから頼りましょう。特にフロックスはその存続時期が短いのであまり接触回数もなく、請求先がよくわからなくなってしまっていることもあります。個人で請求せずに専門家に任せるようにしましょう。

 

【再びクレディアに社名統合された】

 

消費者に知らせることなく社名変更をするようなレベルの会社では、過払い金請求がうまく行っても色々理由をつけて返還をしてこないこともあります。個人で請求をした場合には、かなりなめた対応をされてしまい、最終的にあまりよい金額で返還されないこともあるので、アフターケアなども含めて確実に変換される弁護士や訴訟を起こしてくれる弁護士を頼ることをおすすめします。一昔前の会社であることも過払い金請求がしにくい理由の一つで、既に当時の情報が残っていない可能性もあるので、会計管理にも強い弁護士や家庭問題に詳しい弁護士を頼るとさらに安心できます。