ネオラインキャピタルへの過払い金請求

【ライブドアやかざかファイナンスの前の会社】

 

ネオラインキャピタルは消費者金融の中でも悪い方向に有名な会社で、過払い金が多く発生している会社の一つとして、未だに過払い金請求が行われています。過去、金利が29%近くまで設定されていたこともあり、低い金利でも18%ほどにしかならなかったので非常に多くの方に過払い金が発生していると考えてよいでしょう。18%の金利で利用できたのは借入金額が大きかった人で、返済期間も自然と長くなり、その分、システム上過払い金が発生しているので、もし過去に取引をしたことがあれば早めに精算してしまいましょう。過払い金の請求は個人で行う人もいますが、こうしたネオラインキャピタルのような会社への請求をする場合には、弁護士や司法書士に頼った方が確実に結果が良くなります。今ではライブドアやかざかファイナンスといった別名の会社に吸収されているので、請求先が分かりにくいこともあり、できるだけプロの力を借りて返還してもらうようにしましょう。

 

【経営悪化が倒産の主な原因か】

 

ネオラインキャピタルは既に潰れてしまった会社ですが、過払い金の請求はまだ行える会社です。しかし、既に一昔前のサービスであることも影響して、時効が成立してしまっている方もいるので、素人では請求するのが難しい場合があります。賃金業法の改正や違法に近い取り立ての仕方も有名ですが、法改正などは事前に把握していれば倒産することはないので、会社側のミスといえるでしょう。そのため、できるだけ新しく契約するキャッシングも金利が低くて済むものを選んだほうが良いでしょう。過払い金請求をする場合でも、すでに潰れた会社だと返還される金額は大幅に減少するので、少しでも返還される金額を増やしたい場合には、法律事務所を頼るのは必須と言えます。司法書士でも対応はできるので、信頼できる方を見つけて依頼するようにしましょう。

 

【過払い金があればすぐに弁護士に相談を】

 

過払い金があるかどうかの診断は各事務所や法律相談センターで簡単に実施できます。無料の所と1社あたり3000円かかるところがありますが、基本的にはそこまでお金はかからずにチェックできます。ネオラインキャピタルと契約した記憶はなくても、関連したサービスを利用している場合があるので、できれば借金をしたことがある人は一度診断を受けたほうが良いでしょう。個人でも取引履歴の開示はできるので、過払い金があるかどうかはしっかりとチェックしておくことをおすすめします。人によっては30万円から50万円の過払い金があるので早めに相談しておかないとかなりの金額を無駄にしてしまうことになります。まずは、専門の事務所に相談をするようにしましょう。