ドリームユースへの過払い金請求

【アップルなど女性向けサービスもあった会社】

 

グレーゾーン金利が適用されていた時期に借り入れをした多くの人には過払い金の返還を受ける義務があります。特に、賃金業法の改正に伴う混乱で発生した会社の社名変更や数多くの吸収合併でかなりの数の消費者金融がなくなってしまいました。その内の一つにあるのがドリームユースです。若者でも借り入れができ、収入の少ない女性でも利用できたため、意外と人気はありましたが、金利が高く、数年かけて返済をすればそれだけで金利の払いすぎが発生してしまうこともありました。真剣にまじめに返済をしても元金がなかなか減らなくて困った経験をした人も多いでしょう。その際には意外と多く過払い金が影響しており、今ならばまだ過払い金返還請求が間に合うかもしれません。借金をした立場であっても契約以上にお金を支払う必要はないものであり、法律に違反しているような金利で支払ってしまったお金はしっかりと取り戻したほうが良いですね。

 

【PR】当サイトおすすめの法律事務所はこちらから!

 

【金利の面で問題があり、過払い金発生の可能性大】

 

ドリームユースは既に他の会社に吸収合併され、過払い金の請求先もその吸収合併された会社に権利が移っています。素人で請求をする際には、それらの情報を全て調べあげて正しい請求をしないといけませんが、法律事務所に頼れば調査も全てやってくれるので、安心して待つだけで過払い金が帰ってきます。依頼費用の任意整理や自己破産に比べるとかなり格安で、しかも成功報酬だけの支払いで良いのでお金の心配もありません。また、返還されたお金から費用を支払うことが多いので、自身でお金を用意することがないのも過払い金請求の魅力です。ドリームユースなどの場合は、クレジットカードやローンカードなども既に関係がない会社なので、過払い金請求後に不利な状況に置かれる心配もあまりありません。まずは、債務整理に強い法律事務所に相談していくらくらい返還されるのかチェック・診断をしてもらうと良いです。

 

【弁護士とともに請求したほうが良い】

 

過払い金の返還請求を個人でやっている人もまれに見かけますが、実際にはカードの利用が制限されたり、関連するサービスでの利用ができなくなることもあるので、債務整理のプロとも言える専門の弁護士や司法書士に任せたほうが安全です。お金の問題はなかなか面倒な事態にまで発展することがあるので、ローンを利用中の方やクレジットカードを停止されると困る場合には特に弁護士との協力が不可欠です。しっかりと経験のある事務所ならば依頼者が不利にならないように交渉の段階から気をつけてくれるので全てにおいて安心できます。またプライバシーについても守ってくれるので、手続きだけではなく、ドリームユースに関わりがある会社同士で個人情報を共有しないようにしてくれるような工夫も可能です。契約というような法律が関わるようなものにおいてはしっかりと弁護士や司法書士などプロを頼っておきましょう。