トライトへの過払い金請求

【ギルドやヴァラモスの前の会社であるトライト】

 

トライトという会社は、消費者金融で言うとかなり前に存在していたもので、既に過払い金の請求が難しい例もあります。今ではヴァラモスを経てギルドと言う会社になっており、過去トライトと取引があった人はいまではギルドに返還請求をする必要があります。金利が29.2%まで設定されていた頃の会社で、いわゆるグレーゾーン金利に適用されていたサービスです。そのため、利用した経験がある方の殆どは過払い金が発生していることになり、早めに請求を済ませたほうが良さそうです。しかし、既に時間が経っていることもあり、なかなか請求がうまくいかないため、できるだけ弁護士や司法書士に頼って請求をしていくとよいでしょう。やはり、無駄な時間を過払い金請求にかけるのはもったいないので、すこしでもほかの有意義なことに時間が使えるように事務所にらいすることを考えたほうが良さそうです。

 

【PR】トライトへの過払い金請求におすすめの法律事務所はこちらから!

 

【かなり前の会社なので、時効成立している例も】

 

トライトは、既に時効が成立している人もおり、過払い金請求をする時には少し注意が必要になります。法律事務所に依頼しても既に時効になっていると請求そのものが出来ない場合もあるので、事前に診断をしてから頼るようにしましょう。事務所で会社の名前を出せば基本的にはわかってもらえるので、跡は、取引の履歴などで問題がなければよいだけです。過払い請求の時効は10年で、既に時間がぎりぎりの方も多くいるでしょう。過払い金請求の手続きに時間がかかることが多いので、長く見て1年前からしっかり用意をするつもりでいたほうが良いです。特に昔の会社なので、情報が少なく、当時の会社の様子を知らない人もいるのでしっかり気をつけて事務所選びをしていきましょう。できるだけ、トライトに対して過払い金請求や任意整理をした経験がある事務所に依頼したほうが結果が大きく期待できます。

 

【PR】トライトへの過払い金請求におすすめの法律事務所はこちらから!

 

【トライトへの請求は弁護士とともに】

 

個人で過払い金請求をする人もいますが、やはりトライトのように一昔前のキャッシングサービスに対してはできるだけプロの手を借りたほうが良いです。なかなか簡単にはできない請求や開示請求もあるので、プロの力や経験を頼ったほうが確実です。書類の用意や所定の手続き、必要に応じて訴訟をおこすことにもなるので、債務整理専門の弁護士や司法書士に任せれば結果も十分期待できます。まずは、過払い金があるかどうか、また、知らないうちにとライトと契約していなかったか、過去にヴァラモスなどの名称で契約した気がする方は一応チェックしておくとよいでしょう。過払い金の請求だけならば、そこまで依頼費用も高くはならないので、安全に請求できるうちに行動に移しておくと良いです。