ディックへの過払い金請求

【消費者金融の中でも有名なCFJのサービス】

 

ディックはCFJという会社のキャッシングサービスで一般向けキャッシングの一つでした。CFJは女性向けのユニマットレディスなども提供しており、それらのサービスともに金利が上限金利20%を超えていたこともあり、過払い金の発生が確実視されています。近年でも過払い金請求が行われている会社で、社会的にも、借金をしていた人にとってはかなり有名な会社で、弁護士とともに請求しないとひどい対応でかなり精神的にも参ってしまうことも知られています。訴訟を起こしても返還されなかった例もあるので、弁護士選びはとても重要です。交渉だけではなく、強制的にお金を回収してくれるような弁護士を選ばないと失敗する可能性もあります。既にディックは闇金に近い感覚で請求しないといけない状態なので、過去にディックとの取引があれば早めに弁護士探しをしておきましょう。

 

【一般向けだったディック】

 

女性限定でもなく、ビジネスマン限定でもなく、一般の人向けのサービスでも過払い金が発生しているのは金利に原因があります。今では上限金利が20%になっていますが、過去、グレーゾーン金利として29.2%まで金利を設定してもよい時期がありました。しかし、法改正後にも返済を続けていた方や、法改正後にはその金利差のぶんが過払い金になるため、法律事務所や司法書士事務所でその分のお金を請求できるようになっています。現在は吸収合併なども合って請求先がよくわからない状態になっているので、弁護士や司法書士を頼ったほうがコストが掛からずに精神衛生上も良い状態で請求ができます。まずは、地域に存在している法律相談センターや法テラス、信頼できる法律事務所があれば相談から始めていきましょう。手続きには時間も多くかかるので、余計な負担を負うことなく過払い金請求ができるよう、自身での工夫や努力も重要になります。

 

【過払い金請求は長くなる可能性を考慮して】

 

ディックへの請求で問題になるのは、返還される金額です。本来発生している過払い金の5割も返還されないことがあるので、確実に多く返還してもらうためには訴訟はまず必要になってしまうでしょう。良い会社であれば訴訟をおこすことなく十分な割合で返還してもらえますが、会社の存在が昔であることも影響してやはり問題が残ってしまいます。早ければ1ヶ月で変換してくる会社がある一方で、ディックのように3ヶ月や半年かかるような会社もあるので、最初の弁護士への相談が最も重要になります。人によっては時効成立の可能性もあるので、返還請求ができなくなってしまう前にしっかり請求するようにしましょう。