タンポートへの過払い金請求

【クオークローンとともにプロミスに移行したサービス】

 

プロミスは、様々な会社の吸収合併をしており、過払い金請求も同時に請け負っています。吸収合併によりその事業シェアはかなり大きくなり、今ではかなり有名で大きな会社になっていますが、タンポートやクオークローンなど、過払い金が多く発生している会社も請け負っているので、過払い金請求をするときなどは特に注意が必要です。実は、地方銀行が提供している多くのキャッシングサービスは、プロミスなどの消費者金融が機関保証会社として割り当てられていることが多いです。そのため、タンポートへの過払い金請求もプロミスを経由することになり、人によっては地方銀行のキャッシングやカードローンサービスが、過払い金請求をしたことで利用できなくなることもあります。過払い金請求は消費者の正当な権利ですが、会社としてはまだまだ扱いが違法に近いところがあり、会社に赤字をもたらすような消費者として判断されれば、キャッシングは受けられなくなります。タンポートへの過払い請求も、関連会社をよく把握してから行ったほうが良いでしょう。

 

【マイナーでも注意が必要】

 

マイナーで、あまり有名ではなかった会社ですが、過払い金請求を安易に始めることなく、まずは弁護士に相談したほうが懸命です。前述のプロミスの様々な場所での関わりや、現行で利用しているクレジットカード、カードローンをそのまま利用したい場合には特に注意が必要です。過払い金請求でブラックリストに入ることはないですが、消費者金融からはそれなりの制裁のような扱いがあります。安全に生活を続けながら過払い金請求をするには、まだまだ消費者には厳しい状況があります。弁護士や司法書士でも対応しきれない人もいるので、訴訟の段階でしっかりと消費者に対する安全やプライバシー保護を守ってくれるような事務所を選んで頼りましょう。

 

【クラヴィスを契約していた方は特に注意!】

 

クラヴィスとの契約が合った人は意外とタンポートと気づかないうちに契約していることがあります。クラヴィスの会社内の子会社のような扱いが合ったためにクラヴィスと契約したつもりでも、書面ではほかの会社名が書かれているような場合もあります。サインしてしまっていれば消費者も悪いことになるので、弁護士でも同しようもない点があります。クラヴィスとの契約が合った方も一応、注意しておいたほうが良いでしょう。こうした問題も専門の弁護士でないとわからない場合が多いので、個人で対応しようとせず、少なくとも一度は法律事務所に相談するようにしましょう。個人で請求する場合でもホームロイヤーとして契約していれば最低限のアドバイスが貰えることも多いので、弁護士の方サービスを上手に活用していきましょう。