セントラルファイナンスへの過払い金請求

【セディナに社名変更前の会社がセントラルファイナンス】

 

過払い金の請求をする時に意外と厄介になるのが、その請求先です。弁護士に依頼した時に請求先がセディナになる方の中には、過去、セントラルファイナンスという会社で借り入れをしていた方も含まれます。多くの消費者金融は、社名変更や吸収合併を繰り返しており、経営難や業界シェアの拡大を狙って様々な活動をしています。そのため、過去、セントラルファイナンスという会社からお金を借りていた人は一度、その道に詳しい弁護士に相談しておくとよいでしょう。金利が29.2%の頃のサービスでいわゆるグレーゾーン金利の時期に利用していたことになるので、過払い金の発生は確実です。10万円でも20万円でも返還されるお金があれば生活に余裕を持たせることもできるでしょう。消費者の正当な権利なので、しっかり活用していきましょう。

 

【過払い金請求は個人でする場合には要注意】

 

個人で請求する場合には、まず、セディナとの取引があるかどうかを確認しましょう。セントラルファイナンスとの取引があっただけでも、請求をセディナにすることになれば過払い金請求後にはクレジットカードやローンカードの利用が数ヶ月単位で制限されます。そのため、お買い物やネットショッピングが多少不便になるので、全く異なる会社名での請求でも注意が必要です。事前に、キャッシングやクレジットカードを切り替えておき、完済してあることも確認してから請求していきましょう。一度、契約が離れてしまえばその後はほとんど影響することはなく、信用情報にも悪影響はないので、個人で請求する場合には最低限のアドバイスを司法書士や弁護士からもらっておくとより安心です。

 

【過払い請求が多いため対応に注意】

 

このセントラルファイナンスやセディナは近年過払い金請求が非常に多い会社なので、早めに請求する必要があります。過去過払い金お返還請求に応じていたことで、経営が難しくなり倒産した会社も多いので、会社更生手続開始に注意して、必要に応じて弁護士にも依頼していきましょう。倒産したり、会社更生手続が開始したりすると返還される金額は5割や6割ではなく、3%ほどの金額になってしまうことが多いです。100万円の過払い金があればそのうちの3万円しか返還されなくなるのと同じなので、早めに請求するのはとても重要です。また、時効が成立すると同じように返還される金額は非常に少なくなるので、負担を少しでも減らしてたくさん返還してもらいたければ、司法書士・弁護士も頼って、自信が素早く行動していく必要があります。まずは、事務所への相談から始めていきましょう。