シティズへの過払い金請求

【最大金利40%もあったシティズ】

 

一昔前の、金利がまだかなり高かった時代に存在したシティズという会社は、金利が29.2%から40%もあり、過払い金請求をすればほぼ返還がえられるでしょう。特に40%の金利が合った場合には返済で支払ったお金の半分近くが返ってくる可能性もあり、過払い金請求をしないという選択肢はありません。しかし、人によっては既に時効が成立している可能性もあるので、過払い金の請求は難しい例もあります。しかし、取り立ての仕方がかなり悪質だったという情報も多く、精神的につらい思いをしながら返済をした方もおり、そういった場合には弁護士とともに過去の取り立てについても問題視して、必要金額以上に過払い金を返還してもらうこともできます。利子として5%追加した上で請求することもできますが、過去に精神的苦痛を違法に受けた場合には、それについても考慮して弁護士が訴訟も起こしながら多くの金額を返還してくれます。

 

【今はアイフルに吸収された会社】

 

現在はアイフルに吸収された会社で、返還請求や取引履歴開示請求もアイフルを経由しないといけなくなっています。そのため、アイフルとの取引がある場合や、アイフルが保証機関として各地方の銀行のキャッシングサービスを利用している場合には、それらが使えなくなってしまう可能性があるので、注意しておきましょう。シティズはかなり前に存在していた会社なので、取引が終了していると時効の計算が始まっていることもあります。10年経過してしまうと過払い金の請求をしても意味がなくなってしまうので、過去にシティズとの取引が合った方は早めに法律事務所に相談しておきましょう。アイフルは意外と多くの場所でその金融サービスを提供しているので、地方の銀行を利用しているカードローンでも機関保証として関わっていることもあるため、個人で返還請求をする場合でも、弁護士などのアドバイスは受けたほうが良いでしょう。

 

【過払い金はかなりの金額ある!】

 

過払い金は、多ければ100万円以上、少なくても10万円近くは発生して、返還される時にはそこに5%の利子がつけられることもあります。業者側も簡単には返還せず、過去の取引で遅延があったことやちょっとしたことも取り上げて、返還しないで済むようにしてきます。悪質な場合には本来会社が受け取る必要のない金利であるはずでも、返済をする意志を持たない事もあるので、信用情報を守るためにも弁護士を頼ったほうが良さそうです。過払い金の返還請求の後にクレジットカードが使えなくなったり、利用限度額が下げられることもあるので、不当な扱いを受けた場合には弁護士に頼っておけば申し立てをして、不利な状況から脱却することもできるでしょう。こういった手続きでは弱気にならずに強気で対処できるように、プロの弁護士を頼れるようにすると安心できます。