クオークローンへの過払い金請求

【プロミスがクオークローンの過払い請求継承】

 

クオークローンは、クラヴィスという会社とも関わりがあったもので、過払い金発生や賃金業法改正に伴う混乱の中、社名を変更したり、吸収合併したりするようなこともあって今ではプロミスの傘下で、過払い金の返還や返済の継続を受けています。そのため、クロークローンの過払い金請求はプロミスに行うことになっており、詳細がわからない人にとっては弁護士や司法書士が頼りにできる存在です。実際に請求するときにも請求先を誤ると手続きが遅れてしまうこともあるので、知識が豊富な弁護士にしっかりと依頼していくようにしましょう。クオークローンも金利が29.2%に近い状態で貸付を行っていた会社で、今では違法な金利ですが、過去のグレーゾーン金利の時代には、ギリギリその金利でもキャッシングを利用することが出来ました。当時の金利の差額分を過払い金として返還請求できるので、過去の借り入れをしっかりとチェックして、余計な過払い金があるかどうか診断するところから始めていくとよいでしょう。

 

【クラヴィスの後進会社として有名】

 

クオークローンはクラヴィスという会社を引き継いだ会社としても知られており、セディナに引き継がれたクオークを名前も似ているので混同されがちですが、異なるサービスです。今ではプロミスに過払い返還が移行されていますが、請求する時にはクオークローン当時の物が必要になります。契約書や取引履歴もある程度は自身で所有していないと、会社側にデータが残っていない可能性もあるので注意しましょう。取引履歴の開示請求や差し戻し計算の過程で過払い金があるかどうかがはっきりするので、過去のクラヴィスという会社との取引があった方はさらに急いで返還請求を進めていきましょう。

 

【PR】当サイトおすすめの法律事務所はこちらから!

 

【詳しい弁護士に頼ろう】

 

クオークローンなど、名称が似たようなサービスが有ることも多いため、過払い金返還でも賃金業者に詳しい弁護士を頼ったほうが話がスムーズに進められます。情報収集から始まる債務整理では時間が事務所の所でかかってしまうので、十分に知識と経験がある事務所を頼るようにしましょう。債務整理専門の事務所でも、知らないことが多い事務所は多いので、実績も重視しながら事務所探しをしましょう。どうしても魅力的な事務所が見つからない場合には、東京都内の優秀な事務所を頼るのも良いですが、地方の誠実に対応してくれる事務所でも、妥協することがなければしっかりと結果を出してくれるでしょう。依頼者にも優しく接してくれるような事務所であれば、それだけ結果にも繋がりやすいので、自分にあった事務所選びを進めておくと安心です。場合によっては債務整理だけではなく、相続や交通事故の時にも素早く対処してくれるでしょう。