最初はほんの出来心で

私が借金をするきっかけとなったのは、お給料日前にお金が足りなくなった時の飲み会でした。テレビやインターネットの広告に掲載されていた情報を覚えていたこともあり、少しくらいならば借りても問題ないかと思い、元々万が一のためと思って登録していたキャッシングが一件あり、そこから3万円ほど借り入れてつかいました。その後、最初はお給料が入ればすぐに一括で返済していたので、ほとんど負担はなかったのですが、今思えばその最初の軽い気持ちで借り入れてしまったのがいけなかったと思います。月収は約20万円、家賃が6万円の生活で、毎月少しずつ借金で買い物をしたり、旅行をするようになっていきました。初めは一括返済ができていましたが、2ヶ月かけての返済や3ヶ月かけての返済と、少しずつ金利が高くなるような借り方をしてしまい、最終的には長期間の返済をしなければいけなくなってしまいました。

 

【相談は気軽に出来た】

 

私の場合は、結婚もしておらず、恋人もいなかったので、お金の心配を自分でしなければいけなく、ある程度自己管理にも自身がありました。あるとき、お金の収支計算をすると借金の総額や金利がかなりあることに気づいた上、借金を自分の貯金のような感覚で使っていたため、赤字が多くなっていることに気づいて、キャッシングをそれ以上しないようにすることになりました。その時、ちょうど友人の弁護士へ相談すると、金利によっては過払い金があるということでしたので、無料で調べてもらえるものらしいため、過払いなどがあるのかチェック・診断をしてもらうと2万円程度の過払いが生じているような状態でした。そのくらいはお金を借りたこともあり、お礼金として仕方ないかと思っていましたが、全体的な返済が終わる頃にはその過払い金も最終的に4万円近くになってしまっており、少額でしたが、友人の弁護士に頼って過払い金の返還請求をしてみることにしました。

 

【過払い返還は気軽にできる】

 

本当に少額の債務整理で、ブラックリストなどにも関係なく手続きができたのは、完済した後に手続きをしたからでした。過払い金は意外と簡単に発生してしまうもののようで、業者側でも機械で操作していると認識が甘くなってしまう場合もあるようで、一度は相談する必要がありそうでした。弁護士費用は、返ってきたお金の20%程度を支払うだけだったので、1万円かからずに債務整理が出来ました。払いすぎていた分が変換されたお金は、借金の勉強として、しっかり自身の勉強のために生かしておきました。無理に借金はせずに、最低限クルマや住宅ローンだけの利用にしようと実感した例でした。実は今でも、本当に時々利用しますが、弁護士にアドバイスしてもらった1日返済をしているので、金利は一回の借り入れで1万円借りて数十円で済んでいます。借り入れをするならばできるだけ知識をみにつけてから、計画的にすることが大切です。借りすぎないように十分気をつけましょう。