早期対応が解決の鍵

 

借金の負担が大きくなってしまった原因は明確で、返済が大変になってきた時に別の借金をしてしまったことがその大きなものです。月収は15万円くらいしかなかったので、月によっては支払いが多くなり、返済ができなくなりそうになって新規の借り入れをしてしまうようになりました。その結果、合計で200万円程度の借金になってしまいました。利用限度額いっぱいまで一気に借り入れて、お金の余裕が有るように感じてしまったのもいけなかったと反省していますが、年収に比べるとかなり大きな金額を借金していることになり、賃金業法で言えば、貸した方にも問題があると、弁護士が言っていました。年収の3分の1までしか借り入れできないというルールが有ることを当時の私は知らなかったので、生活状況の変化などでも借金が返せなくなることがあるという点を見落としている点など、総合的に自己管理ができていませんでした。弁護士のおかげで借金はほとんどなくなり、自己破産ではなく、なんとか任意整理で済ませることが出来ました。

 

【相談で少しずつ解決】

 

当初の相談をしていくうちに少しずつ借金の状態や何が行けなかったのかもわかるようになっていきました。相談した時にはかなり精神的にも参ってしまっていましたが、相談をしていくに連れて事態が改善されていき、お金のトラブルはほとんどなくなりました。借金の債務整理が終わってからは生活にメリハリも生まれて、余裕ができたせいか、良い流れも生まれたように感じました。それまではお金の使い方や自己管理がほとんどできていなかったのですが、任意整理のおかげで、それらも解決できたと思います。

 

はじめ、信用情報がどうなっているのかはわかりませんでしたが、借金が多いこともあり、どうなっても良いと思っている点がありました。そのため、自己破産でも任意整理でもどちらでも対応できると思って、思い切って依頼できたのも良かったのかもしれません。やはり法律事務所に依頼するまでが大変なので、できるだけ早めに相談できることも大切なのかもしれません。インターネット上にある情報だけでは十分とはいえないので、確実に債務整理をしたい方は地域の法律相談センターや法テラスを活用するのも良さそうです。恥ずかしがらずにまずは解決に向けてしっかり前進することが大切だと思います。

 

【お金の問題は弁護士へ】

 

私の債務整理で最も勉強になったのは貸す方にもルールが有るということでした。借りる側がいけないとも思いましたが、法的には貸す側の判断もかなり影響してくるようで、お金を借りた立場からあまり強気になれないという方であれば、弁護士は特に頼りにできる存在でしょう。じっくりと検討して相談していくとよいでしょう。