やはりお金の使いすぎには要注意

 

年収が500万円以上あったため、ついお金を余計に使いすぎてしまうことがあり、個人的にも注意はしていたのですが、趣味の車の購入のためにローンを組むことが多くありました。自動車専用のローンだけではなく、キャッシングやカードローンにまで手を出してしまったのが行けなかったと思っていますが、その後悔も今ではしっかりと身にしみて、身の丈にあった借金ができるようになっています。やはり借り入れは複数社しないようにしないと安全な利用ができないのだと思います。私は、債務整理前には150万円から250万円の借金があり、150万円は自動車のローンの支払い、残りが専門自動車ローン以外のキャッシングやカードローンの借り入れで、海外旅行をした時などに使ったものでした。お金が出て行く時期には、しっかりとお金の使い方に注意して生活しておくことをおすすめします。

 

【相談までの考察】

 

私が法律事務所選びをしようと思ったのは、個人的なライフステージのことも合ってのことでした。年齢も40歳になる頃で、親の相続や交通事故が起きた時などにも素早く対応して置けるようにしたかったこともあり、借金もあったため早めに相談しておこうと思ったのがきっかけでした。最初は、そこまで借金をいけないことだと思っておらず、管理をはじめてから流石にお金の管理に甘すぎると感じました。債務整理は自分で使ったお金の事なので、相手に非がない限りはすることではないと思っていましたが、法的には金利が定まっており、それよりも大きな金利になってしまうと違法性があるということも相談した時に知りました。事務所は家の近くにあったところを頼ったので、相談も気軽に出来てとても安心感がありました。厳しい取り立てなどはありませんでしたが、一応過払い金などもチェックしてもらうと完済する頃には多少過払いが出るということもわかったので、返済を早めに進めて繰り上げ返済することや少しでも負担を減らすためのお金の使い方も学びました。

 

個人的に最も助かったのは、使わなくなっていた車両の販売をする時で、希望通りの価格で買い取ってもらえたことでした。あまりにも低い金額をふっかけてくる業者だったので、弁護士の先生にも相談しながら一緒に話をしにいくとそれだけで交渉力を発揮してくれて、安心出来ました。はじめは知りませんでしたが、弁護士の先生も車がかなり好きな方だったようで、趣味があったのも良かったと思います。共感できることがあると頼りやすいというのはやはり事務所選びでは重要なようです。