少しからの債務整理もまずは相談を

 

私が債務整理をしたのはほんの1社の借り入れでしたが、金額が多かったために弁護士の先生にも相談をして解決しました。借り入れのきっかけは自動車の購入でしたが、購入のためのローンを自分で用意したため、返済の負担が大きくなってしまいました。私が心配したのは、自動車ローンでクルマを購入すると、しばらくは所有権がディーラーに残ってしまうことで、万が一支払いが停滞すると車両が没収されてしまう可能性があるという点を心配しての行動でした。結局は返済が大変になったので、任意整理で少しでも負担を減らし、クルマは失わずに済みました。これが自動車ローンだったら、クルマも失っていたことでしょうから、そこまで後悔はしていませんが、借り入れをする時には年齢も重要なのだと思いました。借金が多くなるようなライフステージの時にはあまり借り入れはしないほうが良いということを学びました。

 

【事務所選びは早めに始めると良し】

 

弁護士や法律事務所を選ぶとなった時に一番困ったのは、基準がわからなかったことです。インターネットで調べただけでは大手の企業のようなサイトは有りましたが、口コミがあまり見つからず相談するにもいまいち納得出来ないことがあったので、まずは地域にある法テラスという所で相談しました。相談するだけでお金がかかる事務所も多かったですが、個人的に法的なサービスでお金がかかるのはおかしいと思ったので、法テラスの無料債務整理相談に行きました。そこで、今の借金の状況と対応についてなんとなく解決策が見つかり、それにそって対応してもらうこととなりました。弁護士もこの時にプロの相談員の方に地域なども考えてもらって選んでもらいました。自動車関連の借金に経験がある方で、かつ、200万円近くある債務整理を経験した弁護士を当ててくれたので、その経験を生かして、債務整理後の生活の様子や実際に掛かる費用などを先に計画的に話をしてくれ、とてもわかりやすかったです。やはりお金がない時の事だったので、事前にどのような費用がかかり、何をしていくことになるのかわかったのはありがたかったです。

 

意外と債務整理事態は依頼してしまえば私がやることはほとんどなく、手間に感じたことは最初の書類への記載だけでした。思っていたよりも簡単に債務整理ができ、費用面でも過払い金が合ったぶんから支払いができそうだったことと、返済ストップ中に積み立てた金額からある程度支払えたので負担はあまりありませんでした。法律事務所選びが困るようならば個人でインターネットを使うよりも相談して弁護士連合会を頼ったほうが良いと思います。