借金に無理は禁物

 

私が借金のせいで生活がままならなくなった時に選択肢に上がったのは自己破産でした。お金に関する知識はほとんどなかったため、その時に知っていた手段として自己破産を検討して弁護士事務所を頼ることになりました。そこでは状況を説明した上で、どのような対応をしていくかの相談から始まり、自己破産をしてすべてを失うのか、一部を失うのかを教えてもらうなどして少しでも安全に債務整理ができるようにしました。初めは任意整理もすすめられました。それというのも、債務整理は信用が回復するまで5年、自己破産は10年かかるということで、そのリスクやメリットについてもしっかり教えてくれました。それでも、約100万円までの所有物は保証され、奪われることはなく、保証人もおらず機関保証で利用していたので、基本的には生活で困ることは特に無いよう個人的には全てリセットしたかったので自己破産を選択してかなり楽になりました。

 

【手続きにはかなり時間が掛かる】

 

お金のことで頭がいっぱいになっていた私は、知人に助けられました。自己破産という選択肢があることも判断できなくなっていた私は、知人が紹介してくれた事務所のおかげで素早い対応もしてもらえて、任意整理が良いのか、自己破産が良いのかも判断してくれました。また、事務所までいかずに出張してくれたおかげで気持ちもかなり楽になった上、借金の取り立ての状態まで弁護士が直接見てくれたので、証拠としてもかなり安心できるものとなりました。任意整理もひとつの手段だということで話はしてくれましたが、仕事を出来る状態でもなかったので、自己破産という選択になりましたが、法的な手続きや書類の用意がとても多かったようなので、依頼してよかったと思います。

 

普通は自己破産も任意整理もかなり時間がかかるようなのですが、事務所に依頼した時にはかなり急いで色々とやってくれたようでした。当初は何がどうなっていくのか全くわかりませんでしたが、今考えれば割りと冷静に考えられます。弁護士の力はかなりすごいと思いました。

 

任意整理をしていたら、今では借金の元金の支払いをしていくことになり、それも3年から5年で支払いきらなければいけないということでした。それでは、私は生活ができなくなっていたと思います。今は少しずつ社会復帰できて、仕事もするようになり、普通の生活ができるようになっていますが、やはりキャッシングや借金に対する印象はかなり悪いままです。かなり反省して、お金の管理には特に厳格になったと思いますが、おかげでかなり安全な生活ができていると思います。