事務所と相談して自己破産

 

自己破産は、それまで負っている借金を全て帳消しにするもので、本当に生活に困難があるときにしか頼れないものです。私は、生活費を稼いできてくれる夫の過労で仕事ができなくなり、収入が半減してしまったため、債務整理はしなければいけない状況かと悩んでいました。そこに、さらに、家族の病気や私自身の病気が重なって、仕方なく家族ともども、一度すべてをリセットしようということで自己破産をすることにして事務所にお世話になりました。法律事務所では、任意整理も教えてくれましたが、熟考の末、やはり自己破産のほうが良いだろうということで、住宅ローンも残っていましたが、住宅を任意売却にかけるなどして対策を立てていきました。多くのローンがあったので、それらもあわせてできるだけ借金を整理しつつ、債務整理の後でも生活しやすいように住む場所やその他の生活基盤などを整えてから本格的に自己破産を選ぶことになりました。借金の金額よりも、返済ができない状態になってしまったという所で自己破産に至りました。弁護士のおかげで病気の治療のための保険などは少し金額が残り、かなり金銭的な負担はなくせて、有利に手続きが出来ました。

 

【事務所選びをしっかりと】

 

私は始めての法律事務所への相談で、やはり事務所選びで苦労した気がします。色々と電話をして無料相談の予約を入れて、できるだけ1日で事務所を選べるようにしましたが、それでも決められず、かなり疲れてしまいました。最終的には弁護士連合会での相談が一番効果的で、自分に最適な事務所が一発で決まりました。決まったというよりは選んでもらったという方が正しいですが、やはり最適な方をプロの弁護士の相談員に選んでもらえたのは良かったと思います。

 

事務所の弁護士の方や担当者と相談していくと任意整理や自己破産の選択が上がってきましたが、個人的には事前から考えていた方を選べたと思いますが、任意整理の説明をしてもらえたのも良かったです。本当に自己破産という選択が正しかったのか後で不安にならずに済んだのもこの時の説明のおかげでした。納得して手続きができたのはやはり信頼できるプロがいたからで、安心して債務整理も任せられました。弁護士への依頼費用も手続き中の支払いが必要なくなった返済費用を積み立てて用意出来たので大変なことは全くありませんでした。やはり分割で支払いOKなことと、後払いでも対応してくれるという事務所は重要なポイントです。先払いでないと受けてくれない事務所は、結果が希望通りになるまでやってくれそうですが、実際にはそうでもないようで、これについても相談センターがかなり頼りに出来ました。

 

インターネットからの相談だけではなく、個人で相談センターに行き、プロに相談するのは重要だと思いました。