借り過ぎはやはり危険

 

私が借り入れをするときに最も意識したのは、金利の低さでした。借入可能額が低いほど金利は高くなるということや、返済方式によっては金利の負担がかなり大きくなるということも知っていたので、まとめて利用限度額が大きくなるように1社のみから借り入れられる金額を150万円のサービスを一つ利用していました。最初は数万円程度の借り入れから始まり、負担はあまりなかったためについつい考え方が悪化してしまいました。どうせ毎月返済していくならば10000円も20000円もそれほど変わらないと思ってしまったのです。金銭感覚が鈍る外出先や旅行中はあまりお金は使わないほうが良いのかもしれません。実際には、120万円ほど借り入れてから金銭管理をするようになりました。

 

【自己管理を徹底しよう】

 

金銭管理をし始めてから、しばらくして債務整理に近いことをしていると思い、弁護士への相談を決めました。その時はどんな方法があるかどうかも分からなかったので、1から全て教えてもらうような形でしたが、誠実な対応と分かりやすい説明に信頼ができ、最終的には依頼することになりました。金額も100万円を超えていたので、1社だけでしたが、嫌な顔せずに対応してくれました。それまで弁護士のことは全く分からなかったのですが、気軽に相談できる魅力的な人だと思いました。この時にキャッシングの賃金業法についても知り、年収の3分の1までしか借り入れできないということでした。私の場合にはそれよりも多い金額の借り入れになってしまっていたので、業者の判断ミスなども検討して交渉してくれたようで、任意整理も順調に進められました。過払い金も若干あり、その分は返還してもらうのではなく、借金の元金を減らすことに使われました。そのため、最終的には弁護士に払うお金は私自身で全額用意することになり、少し支払いが大変でした。それでも、無理の無い範囲で分割支払いに応じてくれ、どうしても無理なときは払えない月があっても良いということでしたので、やはり安心して債務整理が出来ました。依頼する時には、分割で支払いができることは重要なようです。私の場合は合計で15万円ほどの費用となってしまいましたが、一括払いでは、借金よりも苦しい状態になっていたと思います。それらの支払いも任意整理で浮いたぶんのお金や、返済がストップしている間に貯金したぶんでほとんど支払いできたので負担というほどの負担にはなりませんでした。これからは借金はあまり安易にせず、計画的に利用しようと思っています。

 

【クレジットカードへの配慮も重要】

 

一番嬉しかったのは、クレジットカードを1社だけ使える状態で残してくれたことでした。やはり弁護士選びは慎重にし、細かなところまで考えていてくれる事務所に依頼することが大切ですね。