任意整理と自己破産の選択

【任意整理もやはり大変】

 

借金の整理をしたことがない人にとってはほとんど同じようなものと思われるかもしれませんが、任意整理と自己破産は意外と違いがあり、一つ目の違いは信用回復までの期間です。私はその期間のことを考えて、自己破産から任意整理をするように切り替えました。任意整理ならば5年で信用が回復されるので、クレジットカードの利用や新規のローンの利用もすぐに出来るようになります。もちろん、それぞれの業者の裁量で借り入れができるかどうか、カードが利用できるかどうかは変わるので、借金の元金すらも返還せずに帳消しにする自己破産よりは任意整理のほうがまだ信用に足りると思われるだろうと、弁護士の先生にも言われました。実際、そのおかげで、任意整理の後も1社だけはクレジットカードを使える状況になっており、生活では負担が減って、今までどおり同じ過ごし方ができています。よく検討して、自己破産、任意整理を選ぶと良いですね。

 

【回復まで5年以上かかる】

 

私が選択した任意整理は、借金の債務整理の中ではそこまで重たいものではないですが、それでも5年ほどは信用情報に記載が残るようで、やはり心配が多くありました。しかし、自己破産よりは任意整理のほうが良いようにも思えますが、実際に任意整理をした感じからすると、元金は返済しなければいけないので、少し面倒なこともあるようです。返済が終わってから5年間かかるのか、債務整理後から5年で回復されるのかわからないため、今はまだ不安が残っている状態です。しっかりと完済してから考えるしかないですが、やはり早めの対策はしておかないといけないと感じています。私はぎりぎりになるまで借金で苦労してしまったので、今はかなり大変ですが、依頼費用は支払い終えて、だいぶ安心して生活できるようになっています。

 

任意整理は元金の支払いが残っているので、まだ精神的な苦痛な続いていますが、全く返済しない自己破産よりは余地状態だと信じたいです。最低限、生活が守られているとは思いますが、それでも色々と面倒なことは多いので、やはり今後は借金は一切負わないようにすると決めており、早くこの状態から開放されたいと思っています。少しずつカウンセリングも受けながら良くなってきていますが、それでもまだ十分ではないので早く解決していきたいです。

 

【カウンセリングも重要】

 

債務整理は精神的にも苦労が多いですが、その分お金の負担や不安が少しでも解決できるようです。事務所によっては全くカウンセリングしてもらえないこともあるようなので、アフターケアもしっかりしている所に頼れて良かったです。"