借金相談するといくらかかる?

弁護士費用がコワい!借金相談するといくらかかる?

弁護士の借金相談は無料が主流になっている

借金の相談をしたいけど、料金が心配で弁護士事務所に行く勇気がないと言う人が少なくないようです。しかし、借金の返済が大変で滞納している相談者の事情は事務所側もよくわかっています。 そのため、無料で借金問題の相談ができる弁護士さんの事務所も増えており、いまでは主流と言っても良いくらいです。無料だと肝心な話までできないのでは?と不安に思うところですが、月々の支払いに困っている状況から抜け出せるかどうかの診断を受けることができるはずです。 アドバイスされた解決策が自分の希望とかけ離れていれば、別の弁護士に相談すれば良いですし、じっくり検討して納得できれば正式に任意整理の依頼をすれば良いことです。中には24時間相談受付をしているところもあります。 依頼した場合の費用は着手金と成功報酬の2本立てが一般的です。 着手金は借入先の消費者金融などノンバンクやカード会社、銀行などの件数で計算される事務所が多いです。実際の額は事務所によって異なりますが、自己破産の費用が少なくても15万円以上かかるのと比べれば、かなり安くすむでしょう。 また、成功報酬は文字通り和解に成功した場合の費用であり、損をする性質のものではありません。さらに、減額報酬は金利が高い場合の利息制限法にもとづく利子の引き直し計算や、元本の減額交渉によって残高の減った分に対してかかる費用になります。 わかりやすくいいますと
たとえば、200万円だった借金が170万円に減った場合、30万円に対してだけ所定の報酬率で減額報酬がかかります。つまり、元本自体が変わらない限り1円も要らない、ということになります。
その他、事務所によって特徴のある料金設定をしていますので、自分にあったところを選ぶことができます。 手持ちのお金が少なくて不安な相談者の状況に応じて、費用の分割払いで対応してくれる事務所もありますので、電話相談の際に聞いてみると良いですね。 一般的な目安を知りたい人は、下の表を参考にされると良いでしょう。信頼できる任意整理対応の法律相談事務所の費用をまとめたものです。

費用を抑えて相談できる法律事務所まとめ

弁護士費用がコワい!借金相談するといくらかかる?

依頼費用の相場と内訳

債務整理を行う場合には他の依頼費用とは別に金額が設定されていることが多いです。中でも過払い金返還請求や任意整理は他の事件とは異なり、費用負担はそれほどないため、法律関連の依頼としては費用はかなり少なめです。弁護士よりも司法書士のほうが費用は安いですが、その分司法書士は140万円までしか対応できないというデメリットもあるので、やはり工夫が必要になります。 自身の借金の状況と返還されたり、減額されたりする金額も確認しながら弁護士と司法書士のどちらに依頼するとよいかよく確認するとよいでしょう。弁護士への依頼では基本的に着手金は40000円、基本報酬は20000円ほどかかることが多いです。これは任意整理でも過払い金返還請求でも同様で、そこにさらに減額報酬や過払い報酬として、減額できたり、返還された金額のうちから10%〜20%報酬として発生することになります。 司法書士事務所の場合には、着手金は0円から20000円で、基本報酬も同じく20000円のところが多いです。減額報酬を必要とせず、過払い金が発生した場合にのみ、過払い報酬が20%〜24%発生するものが多いです。この報酬割合は訴訟を起こしたかどうかで変更され、訴訟を起こして希望する金額を取り戻したりする場合には、その分の日当や裁判費用がかかってしまうので、事前に覚悟しておきましょう。それでも、費用はかかっても30000円程度で他の事件の裁判に比べると費用は大きくないので過払い金の金額によってはしっかり裁判も行うとよいでしょう。 内訳としては着手金、基本報酬、成功報酬として減額報酬や過払い報酬、さらに実費で裁判のための予納金や事務手数料、郵送の諸費用や印紙代などがかかります。これらは過払い金の返還があればその返還されたお金から支払うことができるので、事前の相談の段階での見積が重要になります。返還される金額よりも依頼費用のほうが大きくなるような費用倒れが起こらないように気をつけて依頼し、安全にリスクがないように依頼することはとても重要です。総額で言えば、弁護士への依頼では10万円程度、司法書士では8万円程度と考えるとよいでしょう。総額の費用は実費の分が加算されればこれよりも少し大きい金額になるので、多めに見積もっておくとお金の支払いで驚くことがなくなります。 お金がなくて困っている時に債務整理をするのに、その債務整理で余計にお金を失っては意味がありません。必要経費の範囲で収められるように十分注意して、事務所選びも検討していきましょう。

債務整理の費用が払えない、費用がそもそもない時には??

債務整理はそもそもあなたを追い詰めるためのものではなく、救済をするものになりますので、弁護士や司法書士の先生もその点をわかってくれています。そもそも費用がないという場合には、まずは無料相談で1度相談をしてみましょう。 案外、お金は後からで大丈夫ですよといってくれる先生方も多いので、債務整理などの過払いで取り戻したお金の中から支払ってくれればいいですよ、という先生も多いのです。これを後払いや成功報酬といったりしますが、相談する事務所によっては、分割も対応してくれますので、まずは1度相談をするべきです。
  • 2015/03/25 07:11:25